2022年7月25日 (月)

山梨旅行(2日目)

泊まった部屋からの富士山の眺め。盆地だから手前の山に遮られるのが残念ですね。
Img_20220630_065430_400
宿の売店で買ったおみやげや夕食時のドリンク代を、ブロック割でもらえるクーポンで支払ってお得気分。
この日も猛暑なのでハーブ庭園など外の予定はやめて、建物内をメインに。
まずはワイナリー見学。コロナ禍で見学中止のワイナリーも多くて(7月1日=旅行の翌日から再開のところも)、予約なしで無料か安く見学できるところを事前に探すのが大変だった~。ガイド付き有料コースはまだやってない時間なので無料で見ました。(無料コースだとワインセラーには行けないのが残念)
Img_20220630_090629_400
ドライバーに遠慮せずちょっと試飲も。外壁工事中で足場が邪魔だけど、街をよく見降ろせます。
Img_20220630_092047_400
入口上にあったステンドグラス。
Img_20220630_093011_400
次に最近できたというシャトレーゼマルシェへ。販売の他にできたてのお菓子を買って2階の席で食べたりできます。しぼりたてモンブランを誕生日ケーキのつもりで食べました。中は最中に入ったバニラアイスなので見た目より軽め。おいしかった!
Img_20220630_101300_400
それから信玄餅テーマパークへ。ここもコロナ禍で中止してた工場見学が翌日から再開なのが残念。アウトレットでわけあり信玄餅や桃を買って、正規品の売店でビスキュイなど買い、信玄餅ソフトクリームを食べて、と買ったり食べたりばかり。
本当は桃農家のカフェも行きたかったのだけど、それも7月からのところが多くて、フルーツは買って帰ればいいからとJAの販売所を探してプラムを購入。サクランボが終わってブドウはまだシャインマスカットだけ、桃も出始めという、フルーツにはやや半端な時期でした。でもフルーツ狩りの予約などしてなくてよかった~。この暑さの中だと倒れてしまいそう。

そして最後に寄ったのが勝沼インター近くのトンネルワインカーヴ。廃止されたトンネル内にワインを保管しているところです。写真を撮り損なって残念な「ワインカーヴ驛舎」(旧字体が素敵♪)と表示された管理棟に申し出ると、見学させてもらえます。管理人さんがなんとダウンの上着を持って出てきて、トンネル入口の鍵を開けて照明をつけてくれました。
Img_20220630_121949_400
中はひんやり涼しいというか寒いぐらいで、外の猛暑とは別世界。トンネルの奥の方は周辺のワイナリーの保管庫、手前の方は保管棚を一般の人に貸し出しています。契約者でなければこの先には行けませんが、ここから見るだけでも十分面白くて印象深かったです。
Img_20220630_121720_400
ワインカーヴと向かい合わせにもうひとつ、大日影トンネルがあります。以前は中を歩けたけど、現在閉鎖中。再開のための補修工事が計画されているようです。
Img_20220630_122009_400
後から知ったのだけど、トンネルをのぞくと反対側の出口の光が見えるらしい。そこまで見なかった…。再開されたら歩きたいですね。
Img_20220630_122033_400
高速に乗ってサービスエリアで遅い昼食を軽く食べ、家に帰ってきて夕食に宅配寿司をとって誕生日祝いをしました。

| | コメント (0)

2022年7月21日 (木)

山梨旅行(1日目)

山梨の石和温泉に泊まる旅行、もともと1年半前に計画したけどコロナ感染拡大でGoToトラベルが中止になってキャンセルしたものを、今回山梨県のブロック割を利用して行ってきました。計画時は梅雨の心配をしていたのに、梅雨が早くに明けて暑くなり、猛暑日予報に恐れをなしながらの旅行となりました。

初日は昇仙峡へ。Google Mapでナビして行ったら、ややマイナーなルートを通らされたような。高速道路の出口ひとつかふたつ先まで乗って料金余計に払った上に住宅地を通るような道で。まあその結果、昇仙峡の川沿いの道(平日一方通行、土日車両通行止めの細い道)を通ることになって、わざわざ歩いては行かなかっただろう奇岩の並ぶところを車の中からとはいえ見られたので、結果オーライでした。

仙娥滝のそばの食堂でまずは昼食。暑い日だけど山梨ではやっぱりほうとうです。よく見るとナルトが富士山ですね(下向きになってますが)。もつ煮込みも少し食べました。

Img_20220629_125125_400

そして渓谷へ。水辺で木陰だと快適です。初めて来たけど、岩が織りなす景色が素晴らしかった~。
まずは仙娥滝。

Img_20220629_133128_400

そこから遊歩道を進みます。覆いかぶさるような岩。岩の隙間にあちこちコインが差し込まれていました。

Img_20220629_133320_400

覚円峰。

Img_20220629_133416_400

石門。写真ではわからないけど、右の草のところに少し隙間がある。

Img_20220629_133933_400

石門の反対側。こっちは岩の分かれてる様子がよく見えます。上の岩は反対面と違って凹凸してますね。

Img_20220629_134903_400

浮石。たしかに浮いているように見えます。

Img_20220629_134131_400

その先の長田円右衛門の碑のあたりから安全のため通行止めになっているので、引き返しました。
売店で信玄餅アイスを買いたかったけど売り切れで諦め、ロープウェイへ。山上のパノラマ台駅から荒川ダムと能泉湖が見えました。

Img_20220629_142556_400

駅を出てすぐの浮富士広場から、見事な富士山が見えました。暑いとはいえ、梅雨が明けててよかった~。

Img_20220629_142715_400

この後、左の方の展望台へ。白い砂の岩場で滑りやすいところを気をつけて歩いて行ったけど、展望台からは富士山は木に隠れて見えない(^^;;  甲府盆地の眺めはよかったですが。その後行った反対側の富士山遥拝所やうぐいす谷のほうが足元の心配がなくて南アルプスも見えてよかった。

駅に戻ってシャインマスカットソフトクリームを食べて一息ついて、ロープウェイで下山。

仙娥滝駅の隣のワイン王国の前にこんな長~いリムジンがありました。近づいてたら、通りがかった係の人に「反対側から乗れるのでどうぞ」と言われました。

Img_20220629_151139_400

開いてるドアから中を見たらこんなふうになってました! スリッパも用意されてました。乗らなかったけど。

Img_20220629_151209_400

ここでもう15時を過ぎたので、宿に向かうことに。今度は走りやすいグリーンラインから、峠道を通って甲府駅近くへ行く、たぶんこっちが一般的であろう道を行きました。計画時には武田神社にも寄ろうと思ってたけど、暑いのでパス。昇仙峡も結構暑かったけど、甲府の市街地はそんなもんじゃなくて予報通り38℃! 宿について車を降りたらその暑さにもうびっくりでした。

でも宿の中は快適♪ 温泉に入って、ズワイガニ&アワビ煮貝&和牛すき焼き付きの会席料理でお腹いっぱい!

Img_20220629_183715_400

宿のマークが「光のしるし」♪

Img_20220629_204942_200

 

 

| | コメント (0)

2022年4月28日 (木)

箱根旅行(2日目)

2日目。温泉にもう一度入ってから、湯葉とろご飯や揚げパンもある朝食を食べてチェックアウト。
すぐ近くの箱根湿生花園に行きました。入り口近くではヤマブキの花がきれい。

Img_20220421_100025_400

ミツバツツジやシャクナゲもきれい。

Img_20220421_091609_400

カタクリの花も! 以前どこか(厚木の方?)に見に行ったことがあるような。

Img_20220421_092116_400

説明板があちこちにあるのがありがたい。昨日の恩賜箱根公園では、QRコードでアクセスするようになってて、面倒で少ししかアクセスしなかった…。簡単な説明だけでも書いておいて欲しかったなあ。
ヤブレガサ、今回覚えました。

Img_20220421_092248_400

このミズバショウはミニサイズだったけどちょうど見頃でした。これは大きくなるのかなあ。カエルの声が近くで聞こえてたけど姿は見えず。

Img_20220421_092800_400

その周りを見たら花のほぼ終わった大きなミズバショウがそこらじゅうにありました。乗鞍で5月連休に見たことがあるけど、ここはそれより早いんですね。かなりの群落なので花の時期に来てみたいものです。

Img_20220421_094842_400

園内をぐるっと回りました。桜も咲いていました。

Img_20220421_094701_400

入口近くの展示場にエンレイソウ(Trillium smallii)がありました。花(ではなくてガクなのだけど)が本当にすごく小さいんだなあ。

Img_20220421_091814_400

そして散策路の途中にはオオバナノエンレイソウ(Trillium camschatcense)。これが咲いている時に来られてよかった~。
実際に見てみたら、カナダのトリリアムはこれより花がもっと大きかったような気がしました。

Img_20220421_094932_400

というわけで比較のためにカナダのトリリアム(オンタリオ州の花、Trillium grandiflorum)の写真はこちら。
花の大きさも、葉の形も違いますね。

Img_20220421_094933ref_400

この時期のいろいろな花を楽しめてよかったです。また違う時期の花も見に来たいものです。
この日は車から富士山も何度か見えました。
その後小田原に行って、かながわ旅割のクーポンが使えるお店でうな重を食べました。これをどーんと二千円引きという、クーポンの効果的な使い方をして大満足。

Img_20220421_120954_400

そしてTOTOCOやいつもの山安で買い物をして帰りました。

| | コメント (0)

箱根旅行(1日目)

4月20日~21日に箱根に行ってきました。かながわ旅割が実施されるなら利用しなくちゃということで、今回はエリアによる割引額の差がないので箱根にしました。以前母を連れて行った時にもうひとつの候補だった宿を今度は選びました。

朝少し雨が降っていたけど出かけるころには止んで、箱根に近づいたころには陽も差してきました。標高が高くなるとガスって来たりもして、全体的にはまあ曇り。

前回昼食を食べたふじみ茶屋で今回もと思って下調べしたら、なんとハンバーガーや富士山フィナンシェなどのカフェに変身しててしかもこの週は貸切で入れないことがわかりました。それで乙女峠から箱根に入って看板を見つけた蕎麦屋さん「座りや」へ。十割そばに筍やふきのとうなどの天ぷらがおいしかったです。

Img_20220420_115426_400

駐車場から見えた木にたくさんある丸い塊はヤドリギ?

Img_20220420_121432_400

恩賜箱根公園へ。芦ノ湖のあたりは桜がちょうど見頃でした。

Img_20220420_135809_400

Img_20220420_125056_400

トンネル状に作ってある、枝がちょっと南国的な雰囲気のこれは何?と思ったらアセビだったので驚きました。こんなに大きくなるんだ~。少しだけ花が残っているのを見つけたらたしかに馬酔木の花でした。

Img_20220420_125218_400

ミツバツツジもちょうど見頃。

Img_20220420_125559_400

湖畔展望館。函館にありそうな建物。

Img_20220420_131040_400

バルコニーからの展望。富士山が見たかったな~。

Img_20220420_130919_400

園内のあちこちにたくさんアセビがありました。少し花が残っている白と新芽の赤がきれいでした。花の盛りの時にも見てみたい。

Img_20220420_131133_400

枝垂桜が美しい~。

Img_20220420_131743_400

ひめしゃらの林。

Img_20220420_132404_400

マメザクラが満開。

Img_20220420_133942_400

湖畔の探勝路は健脚向けと書かれていて、たしかに階段が結構ありました。ただ回り方がラッキーだったのか、下りの方が多かったような。
この公園は無料で駐車料金も安く、いろいろな花が見られてよかったです。

Img_20220420_134236_400

その後、宮城野へ。早川沿いの桜並木が有名だということを今年友人が行った写真を見て知りました。ソメイヨシノはもうほぼ葉桜でしたが、少し歩いたところの枝垂桜が見頃で、この週いっぱいライトアップもされてるようでした。

Img_20220420_143744_400

これを見て満足したのだけど、この先に並木が続いていたようで、ちゃんと歩けばよかった。車からはバッチリ見たのでまあいいのだけど。

Img_20220420_143752_400

仙石原の宿に行って、温泉につかり、肉巻きアスパラガス丸一本揚げやカニもあるビュッフェ形式でお腹いっぱい食べました。

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

東北旅行:(9終)小袖海岸と琥珀博物館

9時、開いたばかりのあまちゃんハウスに行って、観光タクシーをお願いして、補助券をもらいました。1時間コースの場合、1000円割引と500円のお買物券です。いくつかのタクシー会社に順番に頼むようでした。

すぐにやってきたタクシーで小袖海岸へ向かいました。途中、運転手さんがサービスで五丈の滝に寄ってくれました。
しかし・・・車を止めてドアを開けた途端、アブがたくさん車に入ってきて大変!  あわてて滝の写真だけ撮って、少し離れたところに車を移動させてもらってから乗り込んだのですが、それでも車内をたくさんブンブン飛び回っているので、窓全開で走りながら追い出しました。あ~、2011年夏に鬼首温泉に行った時と同じだ~。刺されなくてよかったです・・・

Img_20190808_092112_350

無事についた小袖海岸。海女センターです。

Img_20190808_093046_350

素潜り実演場。平日だから実演はありません。

Img_20190808_093536_350

海女センターの上からの眺めもいいです。

Img_20190808_093653_350

あの灯台。飛び込む人がいたりしたから今は突端には立入禁止。

Img_20190808_093624_350

自動販売機も海女さん仕様です。

Img_20190808_094201_350

海女さんたちが歌いながら降りてきた坂道。記念碑が立っています。

Img_20190808_094441_350

来られてよかった~。帰り道運転手さんにいろいろ聞いたところ、「じぇじぇじぇ」もまめぶ汁もごく一部の地域のもので、ドラマでやるまで知らなかった人も多かったとのことでした。あと久慈で有名なのは大きな山車が出る秋祭りだそうです。そっか、ユイちゃんが山車乗ってたお祭りですね。
久慈に戻り、道の駅でお買物券も使っておみやげを買いました。バスまで時間があるので、2階にある昭和の想い出博物館レトロ館を見学しました。個人が収集したという、ものすごい数のおもちゃや生活用品がありました。古い雑誌も読めたりします。

Img_20190808_105140_350

父が仕事で使っていたこの事務用品がめちゃくちゃ懐かしかった~。

Img_20190808_104554_350

道の駅のもうひとつの建物(レストランがあるほう)には山車や神輿の展示があったみたいだけど、そっちには入らなかったので気がつかず、ちょっと残念。その代わりというか、この日は市が立つ日(3と8の日)だったので、道端に並んだ海産物や野菜の露店を眺めながら駅に戻りました。
11時半ごろにバスで琥珀博物館の最寄りのバス停(といってもかなり遠い)まで行き、お願いしておいた送迎車で博物館に行きました。

Img_20190808_142451_350

素晴らしい琥珀や化石などの館内展示を見てから、併設レストランで昼食。ポークカツミラノ風。おいしかったです。

Img_20190808_130303_350

琥珀坑道跡も見られました。リトアニア館(やはり琥珀の産地)でリトアニアの民芸品なども見ました。

Img_20190808_140246_350

14時半ごろに、また博物館の送迎車でバス停に行き、そこからJRバスで盛岡へ。(途中しばらく雷雨。バスに乗ってからでよかった。)
しかし盛岡近くになったら夕方の渋滞で全然進まない(^^;;  20分以上遅れて17時40分ごろ盛岡駅に到着。盛岡は内陸だから蒸し暑い!
乗りたいと思っていた時間の新幹線は満席(全席指定)で、切符が買えたのは18時23分発のはやぶさ(自由席のあるやまびこはさらに遅い時間でした)。見たいところを全部見た結果だから満足しているとはいえ、18時過ぎにまだ盛岡だというのはちょっと不安になりましたが、2時間半後には東京駅に着き、22時半には家に着きました。はやぶさすごい~。
新幹線の周りの乗客は、出張帰りのサラリーマンばかりで、弁当じゃなくて唐揚げなどのつまみを食べて缶ビールやチューハイをがんがん飲んでました。なるほど2時間半なら日帰り出張になるんだろうなあ。ご苦労なことです。

今回行ったエリアの路線図。ときどき位置関係を知りたくなって、「行きの新幹線にあったJR広報誌の路線図を持ってれば・・・」と何度か思ったので、帰りに撮影しました。うん、これでよくわかる。拡大できます。

Img_20190808_181329_900

買ったおみやげ。久慈は黒豆と胡桃が推しなのかな。あともちろん昆布。

Img_20190809_114226_350

被災地の現在の様子を知り、三陸鉄道&あまちゃんの世界を満喫できて、いい旅ができました。Fさん、誘ってくれてありがとう♪

| | コメント (2)

2019年9月 6日 (金)

東北旅行:(8)あま絵シャッター

8月8日(木)

朝食前に街を散歩して、あま絵シャッターを見て回りました。
海女のアキちゃん&北鉄のユイちゃん。

Img_20190808_064026_350

海女クラブの面々のも。

Img_20190808_063924_350

勢揃いの図。全部開けちゃう前に間に合って見られてよかった~。

Img_20190808_064245_350

Img_20190808_064334_350

わ~、ミズタク!

Img_20190808_064410_350

これは前夜にも見たもの。

Img_20190808_064446_350

ホテルのすぐ近くにも。

Img_20190808_065137_350

ホテルの向かいにも。「まめぶの家」だったところみたい。

Img_20190808_090053-2350

いろいろあって楽しかったです。

最終日はこの後、観光タクシーで小袖海岸に行くのです。小袖海岸は平日は行きのバスしかなくて時間も合わないから半分あきらめていたのですが、案内所で相談したら、タクシー観光プランに補助券が使えるというのでそれで行くことにした次第。その後琥珀博物館に行くバスも何とかなりそうなので(複数のバス会社がからむので関連バスの時刻をまとめたプリントをもらえて助かりました)、家に帰る時間は遅くなりそうだけどまあいいかということで。この旅行では、案内所など現地で有益な情報をいろいろもらえて、予定を調整するのにすごく役立ってよかったです。

| | コメント (0)

東北旅行:(7)龍泉洞~久慈

10時半ごろサッパ船が終わって、タクシーが来るまでだいぶ時間があるので海岸でのんびりしていたところ、意外にも早くタクシーの運転手さんが声をかけてきました。
「この後予約が入ってなくて駅に戻るだけになったので、30分以上早いですがもう駅に行きますか? 駅ならお店もありますし。」というので、駅に戻ることにしました。ちょっと残念だったのは、タクシーで机浜番屋の前を通ったら、中が見学できるのがあったらしいこと。先に知ってたら見てたのになあ。
途中で、壊れた防波堤の震災遺構が見えました。運転手さんが「そこで人的被害がなかったから遺構として残せた」と言うのを聞いて、なるほどと思いました。

駅に戻って、売店で田野畑アイスクリームを買って食べました。居心地のいい駅舎でした。

Img_20190807_085127_350

田野畑駅の先のあのトンネル、あまちゃんのラストシーンのトンネルですね。

Img_20190807_112613_350

11時半ごろ、今度はこういう車両に乗りました。あのトンネルを通って宮古方面に2駅戻る岩泉小本へ。フリー切符がバッチリ役立ちました。

Vid_20190807_113217_moment2_20190905231001

接続するバスに乗って龍泉洞へ。
まずは昼食に磯ラーメン。

Img_20190807_124216_350

これまでずっと海沿いだったので日差しは暑くても風が気持ちよかったのに、龍泉洞のあたりは内陸だから蒸し暑い!
気温30度、でも龍泉洞の中は11度。重ね着したけど冷えました~。

Img_20190807_133906_350_20190901110101

中の写真はうまく撮れなかった…。水の流れや地底湖がすごい、水の豊かな洞窟ですね。

Img_20190807_134249_350_20190901110101

洞窟から外に出たら、メガネが真っ白に曇りました。三陸鉄道の窓ガラスと同じだ~。
休憩所で休んでから、バスで駅に戻りました。

今度はこういう列車・・・1両目に乗ろうとしたら後ろに行くよう言われたので貸切なんだとは思ったけど、写真見たら「座」と書いてあるからお座敷列車だったのか~!

Vid_20190807_154507_moment350

見どころの大沢橋梁で停車してくれるのも、もしかしたら貸切車両のおかげで長めだった?
夏ばっぱが大漁旗振ってた海岸。例によってトンネルを出たら窓が曇ってる(^^;;

Img_20190807_161600_350

反対側は、堀内大橋を見上げます。

Img_20190807_161631_350

高架橋の工事しているところも。

Img_20190807_162310_350

と見どころを堪能して、17時ごろ久慈に着きました。駅を出た向かいのビルにあのあまちゃんの看板。

Img_20190807_165813_350

久慈駅は北三陸駅として見慣れた外見。案内所で翌日の観光のことでいろいろ教えてもらってとても助かりました。

Img_20190807_170821_350

駅の中、後から写真見て気がついた!真ん中辺にさださんの色紙がある~! 写真拡大できます(^^)

Img_20190807_170846_900

あまちゃん関係のコーナーもありました。

Img_20190807_170921_350

ホテルに行ってから、すぐ近くのあまちゃんハウスへ。水曜定休としかわかってなくて翌日行こうと思ってたけど、8月前半は水曜日もやってて、しかもこの日は七夕祭りのため20時まで開いていました。Wifiも使えたので、翌日の計画の練り直しをしました。

Img_20190807_174419_350

ドラマに出てきたジオラマ。

Img_20190807_174443_350

街には七夕飾り。この先にある道の駅(歩いて行ける!)に行っておみやげの下見をしました。

Img_20190807_175714_350

まめぶ汁を食べられるお店をホテルで教えてもらって行った居酒屋さん。この旅行でまだ食べてなかった生ウニ! とろりおいしい~!

Img_20190807_184904_350

どんこという白身魚のから揚げ。身はふっくらさっくり、骨はパリパリでおいしかった~!

Img_20190807_192325_350

そして締めにまめぶ汁。根菜たっぷりの汁にクルミの入った甘い団子という、噂通りのミスマッチが面白かったです。

Img_20190807_200919_350

| | コメント (2)

2019年8月30日 (金)

東北旅行:(6)田野畑サッパ船アドベンチャー

8月7日(水)

ホテルの部屋が東向きで日出時刻情報も提供されているので、ひょっとして見えたらいいなあと思い、たまたまそれぐらいの時刻に目が覚めたのでカーテンを開けてみたら・・・真っ白で何も見えませんでした!  窓ガラスが全面曇ってるのか?と思うほどの濃い霧!  まさに「鼻をつままれてもわからない」ほどの霧でした。ううむ。やませ恐るべし。日が昇ったら霧が晴れればいいなあと思いながら、二度寝しました。
朝風呂~朝食と時間の経過とともにだんだん見えるようになってきました。
正面左の斜めになった地層おもしろいな~。ジオワールドと宣伝してるの、納得です。ブラタモリ的な解説が聞きたくなります。

Img_20190807_082002_350

朝食バイキングは、ご飯のおともが充実してたので和食で。田野畑ヨーグルトに桃ピューレも。

Img_20190807_071601_350

チェックアウトして、ホテルの車で田野畑駅へ送ってもらい、お店に荷物を預けました。とりあえず、サッパ船欠航の連絡は入ってないとのこと。

Img_20190807_085201_350

そこから、乗り合いタクシー(定時運行で予約制)でサッパ船の港がある机浜へ。船に乗った後は北山崎の展望台に行くつもりだったけど、タクシーの運転手さんからのアドバイスで、霧の影響を受けない龍泉洞に行くことに変更して、駅に戻る時のタクシーを予約しました。

サッパ船とはこういう小型の磯船。前日に浄土ヶ浜で乗ったのもこういうのでした。ベテランの漁師さんの操船で出発しました。

Img_20190807_101918_350

断崖や奇岩の海岸線を進んでいきます。

P8070716_350

岩穴をくぐります!

P8070719_350

ここにもまた、青の洞窟。

Img_20190807_093630_350

P8070727_350

真ん中に亀のような岩。親亀子亀にも見える。

P8070730_350

ゴリラの横顔のような岩。

P8070732_350

象の岩。霧もずいぶん晴れてこんなにいい天気になりました。

P8070738_350

正直者しか通れない正直穴も、ベテラン船頭さんがタイミングを見計らって、素晴らしい操船技術で通れました!
この回はクルーズの予定メニューを全部できたそうです。同乗してた家族連れは昨年あまりできなかったからリベンジに来たそうで、大喜びでした。

P8070740_350

ウもいました。

P8070741_350

最後港に戻ってきて「あそこにある紅白の旗は何だと思いますか?」(青い旗の先のほうの少し上、写真拡大できます)と聞かれて、「秘密の港に入る航路を示す旗」とか思ってしまってすみません…。津波が到達した高さだそうです。
何トンもある防潮堤がひっくり返ったとか、サッパ船は1艘だけ地震直後にず~っと沖まで出て行ったのが無事だったとか、いろいろなお話を聞きました。

P8070745_900

下船したら霧が少しまた濃くなったような。いい体験ができてよかった~。

| | コメント (0)

2019年8月29日 (木)

東北旅行:(5)浄土ヶ浜~田野畑

浄土ヶ浜に着いてみたら、なんと遊覧船が霧のため運航中止してました…。サイトのツイッターでこの日の運航時間は確認してたのだけど、霧で中止は書かないのか…。でもサッパ船はやっているようなので、それに乗ることにしました。

休んでいる遊覧船。

Img_20190806_135712_350

サッパ船のところではこんな感じ。ある程度見えているから幻想的な風景が楽しめそうです。
海からの冷たい風「やませ」による霧のようです。霧のことも「やませ」って言ってる感じ。海からなのにちょっと不思議。

Img_20190806_140117_350

タイミングがよかったのか、それほど待たずに乗る順番が回ってきました。
ライフジャケットとヘルメットを着用して出航しました。えびせんをウミネコにやりながら進んでいきます。

P8060688_350

霧でこんな景色になっています。

P8060698_350

「青の洞窟」に入ります。柱状節理~!

P8060702_350

洞窟に入って振り返ってみると、水の色がこんなふうに見えて「青の洞窟」だと。
(防水のデジカメで撮っていたらフラッシュが光っちゃって、フラッシュオフにしようとして操作をミスって焦った挙句、スマホを出して撮ったという…)

Img_20190806_142622_350

下船したら霧がちょっと濃くなったような。

Img_20190806_143958_350

海水浴場もこんな感じ。でもこんなにきれいな海で海水浴できるのいいよね~。

Img_20190806_144351-2350

霧のせいか、光の見え方がふつうと違う。

Img_20190806_150122_350

桟橋に戻ってきたら、島が全然見えなくなってた。

Img_20190806_150350_350

ビジターセンターの展示を見たりした後、バスで宮古駅に戻り、再び三陸鉄道に乗りました。

Img_20190806_162418_350

「あまちゃん」のロケで使った車両なんだって。

Img_20190806_162659_350

霧による湿気のせいなのか、長いトンネルを抜けると、窓の外側が曇ってしまいます。トンネルの中は気温が低いから車両も冷えて、トンネルを抜けたら外の湿気がついてしまうのではないかと推測しましたがどうなんでしょう? 翌日乗った時お話しした地元の人も驚いてました。
田野畑駅到着。ホテルから車のお迎え。

Img_20190806_172823_350

ホテルの部屋からの眺め。やはり霧でかすんでる。

Img_20190806_174046_350

入浴の後、豪華な夕食!  田野畑ワインも。

Img_20190806_190923_350

陶板焼きは、アワビの踊り焼き。焼く前ふたを開けて説明してくれた時、動いてたよ~。

Img_20190806_192601_350

締めはウニの炊き込みご飯とイチゴ煮(ウニと貝の吸い物)!  白いご飯なら満腹だからいらないというところですが、これは食べないわけにはいかない。献立表で見ていたので、最初からセーブして食べていてよかった~。この後さらに蕎麦とデザートが出て、苦しいぐらい満腹になりました。

Img_20190806_193738_350

| | コメント (0)

2019年8月28日 (水)

東北旅行:(4)三陸鉄道 盛~宮古

8月6日(火)

大船渡のホテルの部屋からの眺め。ちょうど大きな船が入ってきました。

Img_20190806_060751_350

朝食バイキングでは、パンが食べたいし、汁物がほしいし(味噌汁しかない)で、変な組み合わせになっちゃった。

Img_20190806_072417_350

三陸鉄道が8時じゃ早すぎるから次の10時に乗るので、チェックアウトはゆっくりで、広島の平和式典中継の後の朝ドラを見た後ゆっくり用意してからでした。大船渡から盛まではBRT。

Img_20190806_092238-2350

盛駅はJRと三陸鉄道の駅舎が並んでいました。

Img_20190806_095218_350

三陸鉄道に乗ります。右側にはここまで乗ってきたBRTが止まっています。

Img_20190806_095730-2350

甫嶺駅から見えた大きな水門と堤防。甫嶺駅は今やってるドラマ「監察医朝顔」の「仙ノ浦駅」のロケ地のようです。駅の写真撮ってないけど。

Img_20190806_102323_350

三陸駅には七夕飾りがありました。「三陸」駅って大きな名前ですねえ。

Img_20190806_102801_350

吉浜駅あたりのきれいな海岸の景色。

Img_20190806_103553_350

どこかの線路脇で、鹿2頭が鉄道の音に驚いたのか、斜面の林を駆け上がっていくのを見ました。

こういう渋い色の車両もあるんですね。翌日の経験からは、これは貸切車両だったかも。

Img_20190806_111223_350

宮古に近づいたら、海のほうから白くモクモクとしたものが広がってきていました。煙のわけないよね。霧なのかな?
水門もすごい。これまではゆるい傾斜の幅広い堤防が多かったけど、宮古ではそそり立つ壁のようでした。

Img_20190806_121142_350

宮古駅到着。ラグビーとタイアップしたこんな車両も止まってました。他にもいろいろな車両がありました。

Img_20190806_122503_350

Img_20190806_122450_350

駅にあった三鉄ツーリストに行って、この後の三陸鉄道フリー切符とホテルの確認書を受け取りました。三鉄のサイトを調べてたらラッキーにも、フリー切符と宿泊合わせて普通のホテル宿泊より安いパックを見つけたのでした。「駅の窓口で受け取ってください」と言われていたのだけど、まさかみどりの窓口じゃないよねと思って駅舎内の三鉄ツーリストに行ったら、ほんとに窓口に預けてあったみたい。
駅前の食堂で「瓶丼」を食べました。ウニを牛乳瓶に入れて保存する習慣をヒントにして、いろいろな具材が瓶に入ってきたのを自分でご飯に載せる新しい宮古名物です。

Img_20190806_125310_350

載せたらこんな感じ。ホタテやタコ、イクラ、めかぶ、カニや焼きウニが入ってました。

Img_20190806_125852_350

食べてる途中でバスの時間が過ぎてしまったので、タクシーで浄土ヶ浜に向かいました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧