« 新型コロナ禍での生活 | トップページ | 7日間ブックカバーチャレンジ »

2020年5月17日 (日)

新型コロナ禍での生活2

緊急事態宣言が5月末まで延長され、外出自粛生活がまだまだ続いています。

でも新規感染者の数がだいぶ少なくなっているので、ちょっと楽な気持ちにはなっているかな。首都圏など以外の多くの地域は緊急事態解除されたけど、これで安心しすぎたらいけない。

ゴールデンウィークは5月2日から6日まで仕事がなくて、恒例の冬物片付けなどやりました。夫は家のあちこちの片づけに精を出してるのでがんばってね~という感じ。息子からのビデオ通話で孫の様子が見られて喜んだ夫が、娘とも話したいと言うのでそっちにもかけたり、その後みんなでグループ通話もしました。秋の演奏会の曲目が決まって、先のことを考えると元気が出てきて、楽譜の受取りで久しぶりに会っていろいろ話したり。ARCでオンライン会合が始まって、いろんな人の顔が見て話ができて、旅行のレポートを聞いたり。

運動不足にならないよう、家で体操したり、散歩に行くよう意識したりしてます。歩数を確かめたくて、以前あったはずの万歩計を探したけど見つからなかったのでスマホにアプリを入れて、いつも歩くルートの歩数を確認。その後引き出しの片づけをしていた夫が万歩計を見つけたのに私が探してたことなど忘れて捨てようとしたのを運良く見つけて電池を入れ替えて復活させました。スマホだと家の中での歩数を(始終持ち歩くわけではないから)確認できないので、これで便利になりました。家の中だけで2000~3000歩、近くの公園への往復で3000歩(隣接公園も回ると4000~5000歩)、駅前に買い物に行くと5000歩ぐらい。

Facebookで【7日間ブックカバーチャレンジ】 というのが回ってきて、好きな本を1日1冊紹介するのを楽しんで書きました。

「グレーテルのかまど」で「ホビットの冒険」の種入りの焼き菓子=シードケーキが出て盛り上がったりもしました。キャラウェイシードは媚薬の効果があるとか。

給付される10万円の活かし方として、医療活動支援とか文化芸術支援の寄付をいくつかしました。これからもそういう支援を探したり、地元のお店の応援をしたりする予定。

無料配信も見続けています。

・ロミオとジュリエット(4月27日、5月2日):グローブ座。カナダのストラトフォードで見たことを思い出して調べたら、そこでもいろいろ配信してることがわかりました。テンペストなど見たいなあ。

・十二夜(4月30日):ナショナルシアター。現代の設定になっていてはじめちょっと乗れなかったけど、友人の勧めで最終日に再挑戦して、飛ばしながらだけど楽しめた。

・フランケンシュタイン(5月4日、6日):ナショナルシアター。ベネディクト・カンバーバッチがモンスター役のと、博士役の2パターン。こんな悲しい話だったとは。

・天才執事ジーヴス(5月10日):AWL。執事が主人の窮地を救って即興劇をやる、楽しいコメディのミュージカル。執事がいかにも執事って感じでそれでいて面白い。

・紅天女(5月12日、13日):日本オペラ振興会。『ガラスの仮面』の劇中劇の「紅天女」。オペラを作るって聞いた時に、「それより『ガラスの仮面』を早く完結させてくれ~」と思ったけど、見られるものなら見なくてはと。コミックで読んだ記憶のあるセリフがあちこちに出てきて思い出すのと、最後はこうなるのかと納得するのと。終わりの歌が耳にずっと残っています。

|

« 新型コロナ禍での生活 | トップページ | 7日間ブックカバーチャレンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナ禍での生活 | トップページ | 7日間ブックカバーチャレンジ »