« 東北旅行:(2)女川 | トップページ | 東北旅行:(4)三陸鉄道 盛~宮古 »

2019年8月28日 (水)

東北旅行:(3)気仙沼

8月5日(月)

よくあることながら寝つきは悪かったけど、まあそれなりに寝られました。Fさんは早起きして散歩に行ったみたい。
朝食は大きな干物がつく豪華なものでした。

Img_20190805_070619_350

8時半ごろの列車で出かけるのですが、駅がすぐそこなので、朝ドラ見てからチェックアウトしました(笑)。
列車で前谷地へ行って、そこからBRT(バス高速輸送システム)気仙沼線で気仙沼まで行きます。震災で被害を受けた線路を専用道路にして、また一部は一般道を使用して、列車の代わりにバスを運行するようにしたものです。
この路線図(拡大可能)は前谷地で撮ったものだけど、女川にあった路線図でも「BRT区間までの切符は窓口または車内でお買い求めください」と書いてあったので、券売機じゃなくて窓口に行ったら「乗車証明書」をくれて、車内か下車駅で精算するよう言われました。車内で車掌さんに聞いたらいろいろ調べてくれた末に、乗継割引付きで気仙沼までの切符を発行してくれました。

Img_20190805_093543-9002

前谷地からBRTに乗ります。時間帯によっては、柳津までの5駅(路線図の黒い部分)は列車でその後バスに乗るというのもあるのですが、このときのは前谷地からバスです。柳津までは線路は列車が今も使っているので、一般道を走ります。

Img_20190805_094444_350

柳津駅から、線路の先に延びる専用道路に入りました。一般道との交差点は、専用道路側に踏切の遮断機がついていて、一般車が入り込まないようにしていました。一般道側には信号があったみたい。ちょっと不思議な光景。

Img_20190805_123629_350

一般道ではそんなに見ないような、ずっとまっすぐの道が続いていたり、トンネルも列車と速度が違うからか、あるいは列車とは意識のしかたが違うのか、バスで通るとものすごく長く感じて驚きました。
線路跡を利用できない箇所や、高台に移転した公共施設を回る箇所などは一般道を走ります。このBRTに乗ったこと自体、震災後の様子をいろいろ実感できるいい体験でした。
大きな堤防が作られていたり、その周りの土地をまだ工事していたりするのを見て、東京オリンピックの工事のせいで人員や資材に影響が出てないといいのだけどと思いました。役所や学校が高台に移転してその近くに復興住宅ができていて、堤防近くの土地は今後どう活用するんだろうか。

気仙沼が近づいてきて、前にバスツアーで行ったときのことをいろいろ思い出しました。(以前の記事はこちら。)お寺はどの辺だったんだろうか? 今乗ってきた高校生は、あの被災した高校が移転した学校の生徒?
気仙沼大島が見えて、最近できた大橋も見えました。「家族に乾杯」のテーマソング「Birthday」は気仙沼大島で作ったものだって話を何度も聞いたっけなあ。
いろいろ考えているうちに、バスが線路と並んで走るようになってまもなく、気仙沼駅に着きました。

Img_20190805_123734_350

気仙沼駅は列車の駅そのままです。この右のほうに列車が止まります。

Img_20190805_123916_350

気仙沼では、行こうと思ったリアス・アーク美術館や震災遺構伝承館(元の気仙沼向洋高校)が月曜で休みなので、プランがあまりなくて駅前の観光案内所に相談。海の市にタクシーで行くことにしました。
まずは昼食に、案内所の人お勧めのお店で海鮮丼。

Img_20190805_131327_350

それからシャークミュージアム見学。ガイドブックで見たときには、別にサメはそんなに興味ないと思ったのだけど、サメの生態だけでなく、気仙沼の海と人の絆を学ぶということで、震災関係の展示も充実していてよかったです。氷の水族館はパス。

そこから、フェリー乗り場のほうへ歩いて戻りながら、街の様子を確認。途中、津波の高さを示した表示を発見。前に来た時にこういう表示がある建物をフェリー乗り場の近くで見たのが印象に残っているけど、行きにタクシーで通ったときにはすっかり変わっててどこがどこだか全然わからなかった。

Img_20190805_152639_350

漁船がいっぱい。漁港はいち早く復旧させて、復興の牽引役となりました。

Img_20190805_152834_350

フェリー乗り場と、左は新しくできた「迎」という建物。どうやら元はそこにエースポートという建物があって、そこが前に見た建物だったみたい。その時は地盤沈下もあって海水があふれてきそうだったけど、かさ上げしてその心配はなくなりました。

Img_20190805_154149_350

渡辺謙さんが作ったカフェ。地図のストリートビューを見ると、このもう少し右側のほうに復興屋台村があったみたい。屋台村にあったお店は、「迎」の後ろのほうにできた建物に入ったり、個別に店を構えたりしているそうです。

Img_20190805_154431_350

タクシーで駅に戻る途中に通った、由緒ある建物があるエリア(風待ち地区)も、たぶん前にガイドさんに案内してもらったところかなあ。

駅から今度はBRT大船渡線に乗りました。乗ってすぐ次の駅が鹿折唐桑・・・大きな船が内陸まで打ち上げられたところです。もう船はもちろんないし、津波の跡がはっきりついてた歩道橋もなくなってました。

ずっと進んで、奇跡の一本松。ちゃんとバス停があって、降りて見に行く人たちもいました。

Img_20190805_163856_350

陸前高田で本当は図書館に寄りたかったのだけど、月曜休館なので断念。陸前高田の空っぽの図書館に本を贈ろうというクラウドファンディングに参加して、本の希望も出せるのでランサムを挙げたんですよね。蔵書に寄贈者名を入れてくれるという話もあったので、いつか見に行って確かめるんだと思ってますが、今回は残念ながらお預け。

大船渡に着いて、ホテルルートインへ。近くにショッピングモールがあって、夕食はその中で(海鮮だけじゃなく)いろいろなものが食べられそうな湾岸食堂というところに入ったら、ライブもやってました。
カキのロックフォール、海老とホタテのアヒージョ、シーザーサラダ、ツブ貝串焼きと、ノンアルコールのカクテル。

Img_20190805_194357_350

えっ、大船渡駅すぐのかもめテラスって、「かもめの玉子」のお菓子屋さんの本店だったの? かもめソフト食べたり、製造工程見たりできたのか~。残念!

|

« 東北旅行:(2)女川 | トップページ | 東北旅行:(4)三陸鉄道 盛~宮古 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北旅行:(2)女川 | トップページ | 東北旅行:(4)三陸鉄道 盛~宮古 »