« 神田祭(日曜日) | トップページ | 高校生ボランティア・アワード&さだまさしチャリティコンサート »

2019年6月 3日 (月)

和船漕ぎ体験とラスキン展

5月26日にすごい暑さの中、江東区の横十間川に和船漕ぎ体験に行ってきました。

半蔵門線の住吉駅から歩けそうだと思って、案内にあったバスには乗らず、横十間川沿いを歩いて行きました。同じ考えの人と合流できてよかったのだけど、川沿いをずっと行けるかと思った道がそうではなくて戻って反対岸の道を歩かなくてはならなかったり、工事で迂回したりで、結構時間がかかりましたが、なんとか集合時間前に着けてほっとしました。
でも川に親しむというコンセプトのいろいろなものが見られて楽しく、暑い中歩いた甲斐がありました。

横十間川と小名木川の交点にかかるX型のクローバー橋
Img_20190526_104508_350

そのすぐ下流のマイクロ水力発電。

Img_20190526_104454_350

水力発電の裏側(下流)は水上アスレチック。

Img_20190526_104559_350

そのもう少し下流が和船漕ぎの会場です。和船友の会というボランティア団体がやっていて、無料で和船に乗ったり漕ぐ体験ができるのです。お金取ってもいいぐらいなのに。

Img_20190526_112542_350

こんなふうな船です。1グループ20分ぐらいで、希望者は漕がせてもらえます。ARCは全員希望して漕ぎました(^^)。

Img_20190526_112804_350

漕いでみました~。そういえば高校の時の遠泳の伴走船は櫓で漕ぐ船だったのだけど、今はどうなのかな。

Img_20190526_111502_350

交替で漕がせてもらった後、いろいろなお話を聞きました。春には深川でさくら見物の船を出すとか、旧中川などぐるっと回ったことがあるとか、芭蕉と同じく千住まで船で行きたいとか。閘門を通ったりぐるっと回ったりしたいな~。
さらに、修理中の船を見せてもらいました。

Img_20190526_120834_350

もっと下流はボート場でした。スワンボートじゃなくてパンダとクマ?!

Img_20190526_122733_350

東陽町方面に行って、イースト21の中のお蕎麦屋さんで昼食を食べました。
あまりの暑さにバテバテでしたが、お店の冷房と冷たいお蕎麦とでなんとか元気になりました。

解散した後、挫折しそうになりながらも根性で帰りに丸の内に寄りました。東京駅グランスタのジューススタンドで水分補給&休憩してから、三菱一号館美術館で「ラスキン生誕200年記念ラファエル前派の軌跡展」を見ました。ラスキンが影響を受け、支援した芸術家たちの展覧会。(なのでこの記事のタイトルで「ラスキン展」と略してしまいました。)この展覧会、プーさん展の半券で割引になりました。 捨ててなくて見つけられてよかった~。

Img_20190526_161117_350

去年ラスキン・ミュージアムに行って、ラスキンっていろんな事やった人なんだなあとぼんやりわかっただけだったけど、それを具体的に知ることができた感じ。一部撮影可の展示があったので、ウィンダミア湖の絵(しかもアンブルサイドから見た風景)など撮ってきました。

Img_20190526_150327_350

有名なカフェも寄りたかったけど、1時間待ちだったので断念。今度は平日にリベンジします。

そうそう、和船乗船場はサイトの案内図では「錦糸町駅から徒歩約20分」と書いてあったので住吉駅からならもう少し近いと考えたのに、現地でもらったパンフレットの同じ案内図では「住吉駅から徒歩約20分」になっていました。修正したみたいですね。サイトも直してほしいなあ。

 

|

« 神田祭(日曜日) | トップページ | 高校生ボランティア・アワード&さだまさしチャリティコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神田祭(日曜日) | トップページ | 高校生ボランティア・アワード&さだまさしチャリティコンサート »