« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月25日 (金)

イギリス旅行記2018:(19)トールキン展

Img_20180828_115712_263x350

10時になり、いよいよトールキン展です。
入場時間指定の整理券をネット予約しておいたのです。太っ腹なことに入場無料!、整理券発行の手数料が1ポンドかかるだけでした。

展示室入口。もうすぐ入場です♪
Img_20180828_131657_263x350

入場してすぐの通路の壁にモリアの門のプロジェクションマッピング♪
Img_20180828_120953_263x350

展示室は撮影禁止なのでこの後の写真はありませんが、とっても充実した展示でした。細かいものが多くてじっくり読んで見る感じ。いろいろなスケッチや挿絵の原画、地図や構想メモ、手紙や写真などがありました。トールキンは絵を描くにしても構想を練るにしても細部にまでこだわる人だったんだろうなあと思いました。新聞のクロスワードパズルをやりながらそのページに模様を描いたものや、マザルブルの書を実際に焦がしたり汚したりして作ったものもありました。立体地図で旅の仲間のたどったルートが表示されるものもありました。ポーリン・ベインズの絵が入ったポスターマップを見られたのもうれしかったです。

はじめのほうにいろいろな有名人からの手紙がある中に、ランサムからトールキンへの手紙がありました。トールキン展の開催が発表された時点でランサムの手紙も展示されると発表されていて、「へえ~」と思っていたのですが、その後何かの拍子に「伝記に書かれているあの指摘をした手紙なのか!」と気がつきました(『アーサー・ランサムの生涯』37ページを参照)。 ホビットやドワーフを指す言葉としてmanやboyを使っているのはおかしいのではないか、と指摘していて(マニアックですねえ)、トールキンはこの批判を受け入れて修正したそうです。

また、これとはまったく別な展示の箇所で、ホビットの続編を出版社が求めた時のことだと思いますが、Unwin was hoping for a sequel or perhaps even a lucrative series like Swallows & Amazons books. という説明が書いてあったので、思わずメモ書きしてしまいました。(走り書きした自分の字が読みづらくて、間違いがあるかもしれませんが…)

ひととおり見終ってから、タッチパネル式のエルフ語クイズを見つけたのでやってみました。単語の意味などを4択で答えるものなのですが、もう結構忘れていて間違えてばかりで、思わず「これじゃ伊藤先生に顔向けできない~」と言ってしまいました。(伊藤先生は映画「ロード・オブ・ザ・リング」のエルフ語監修を担当した方で、エルフ語や北欧神話の講座でお世話になりました。)

その時、「それは何ですか?」と日本語で聞いてきた男性がいました。「エルフ語のクイズなんですけど…」と説明しながらその人を見たら、あれ?見覚えがある…え?もしかして伊藤先生?!  まさか、先生の名前を出した途端に本当にここに現れるなんて!  モノマネ番組で後ろから本物が登場するみたいな、あるいはドッキリカメラのような、ビックリなできごとでした。以前講座でお会いしていた時よりも日焼けして精悍な感じになっていました。大学生を連れてこの日に来たばかりだそうです。いやあ、もう本当にびっくり。同じ展示会場にいても気がつかずに行き違いになることもありそうなのに、「伊藤先生」と言ったのが聞こえたのもあるのだと思いますが、奇跡のような遭遇でした。トールキン教授の思し召しとしか思えません。この旅最大の印象的なできごととなりました。

その後私たちは展示を見終ってショップに行き、グッズを買いました。カタログはものすごく豪華で百科事典並みのサイズなので、持って帰るのは無理だから買うにしてもネット購入にすることにしました。小さいほうのカタログはこの時なかったのか、気がつかなかったので、これも後でネット購入しました。

Img_20190124_134422_350x263

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

イギリス旅行記2018:(18)キーブル・カレッジのホール

8月28日(火)

翌朝、カレッジの素晴らしいホールで朝食。このカレッジを選んだのはこれがかなり大きな要因でした。

Img_20180828_094756_350x263

Img_20180828_094952_350x263

Img_20180828_103258_350x263

歴代の学長の肖像画やステンドグラスのある、とても趣のあるホールでした。

食べたのはこんな感じ。自由に選んでよそってもらうようになってました。食器にはカレッジの紋章がついていました。
Img_20180828_101010_350x263

もちろんこの前にシリアルやフルーツも食べてます(^^)。
翌日は卵をスクランブルにしたり、ビーンズはなしにしてトマトにしたり、テーブルにマーマイトがあったのでトーストに塗ってみたりしました。

ホールの向かいは図書室でした。入れないのでガラス越しに覗きました。
Img_20180828_103533_350x263

ホール入口はこんな感じ。左がホール、右が図書室。
Img_20180829_093834_350x263

トールキン展は10時からですが、9時過ぎに出かけて、すぐ隣のBlackwellsの書店やミュージックショップが開いていたのでおみやげなどを買いました。書店にはこの後にも入ってあれこれ見たのに、地下は知らなくて行かなかったので、ものすごく広いとか稀覯本コーナーがあるとか後で知ったのが悔しいです~。(トールキン展に行った人のレポートをさらっとだけ読んで後は現地で見てからじっくり確認しようと思っていてブックマークしておいてすっかり忘れて帰ってきたのでした。)
Img_20180828_114729_350x263

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

イギリス旅行記2018:(17)Eagle and Child

夕食はトールキンやC.S.ルイスがたまり場にしていたパブ、Eagle and Childで食べました。
Img_20180827_195419_263x350_6

奥行きのある細長いパブで、奥のほうの席に座りました。
エールは店員さんにお勧めを聞いて、写真左側のOxford Goldを飲みましたが、右側のがSt. Austel製なのも気になりました。
Img_20180827_200316_350x263_2

食べたのはサラダとコテージパイ(じゃがいもじゃなくて豆とスイートポテトとニンジンのでした)。その後サイダーも飲みました♪
Img_20180827_202108_263x350_2

一番奥の部屋に、さっき見た街灯のある道の絵が飾ってありました。
Img_20180827_200800_263x350_2

この絵の説明を今読むと、ちょっとピンボケで読みにくいのですが、ある雪の日にルイスがパブからカレッジに戻る途中、この小道で街灯、雪、金色のフォーンを見て、すぐにパブに戻ってナルニアの導入部分を書き、その後Eagle and Childでインクリングスの仲間に読んで聞かせたということが、真実か伝説かわからないか言われていると書いてあります。(ライオンのことは書いてないですね。)

パブの中にはルイスの言葉とか写真とか、記念プレートなどいろいろありました。
Img_20180827_210227_350x263

Img_20180827_200010_350x263

Img_20180827_204024_350x263

Img_20180827_210322_350x263

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

イギリス旅行記2018:(16)ウォーキングツアー

オックスフォードは初めてなので、ウォーキングツアーに参加しました。
トリニティーカレッジ前で申し込んだのですが、受付をしてた男性が日本のコミック好きだそうで、好きな作品をいくつか言ってたのだけど知らない作品だった・・・(一番好きと言っていたのはこの前ドラマ化された『今日から俺は』だったようです。)

16時になってツアーがスタート。受付とは別の男性がガイドです。まずトリニティーカレッジの説明で、学生と住民が対立したことがあったという話がありました。そこから歩き始めました。

シェルドニアン・シアター
Img_20180827_181611_350x263

ダブルデッカーの2階がオープンなのが寒くないところへ来たって実感する(笑)
Img_20180827_181831_350x263

嘆きの橋
Img_20180827_182005_350x263

ニューカレッジに入って見学します。
Img_20180827_182349_263x350

語るガイドさん。この庭がハリー・ポッターのロケで使われたという話だったかも(聞いたことは忘れてたけど今調べたらそうらしいので)。
Img_20180827_182541_263x350

ニューカレッジのチャペルの中。
Img_20180827_183144_350x263

ニューカレッジのホール。
Img_20180827_184049_350x263

ボドリアン図書館
Img_20180827_190432_263x350

ラドクリフカメラ
Img_20180827_190721_263x350

聖メアリー教会。塔に人が上っているのが見えました。
Img_20180827_191031_263x350

オールソウルズカレッジ。さっきまでクイーンズカレッジだと思い込んでました。
門からではぎりぎりに見えてた日時計(クリストファー・レンの設計)が、離れたところに来たらよく見えました(丸屋根の左方)。
Img_20180827_191545_350x263

聖メアリー教会の横の道に街灯があって・・・
Img_20180827_192040_263x350

ライオン(扉の中央)とフォーン(両脇の金色の)もあって、C.S.ルイスはこの道でナルニアのシーンを思いついたのだとか。でもこれ本当にライオン? Green Manのようにも見えるし。なんかマユツバっぽい話だなあ。
Img_20180827_192123_350x263

ここで約1時間半のツアーは終わり。自分で歩くだけでは気がつかないものもいろいろ見られて面白かったです。歴史ある建物がそこらじゅうにあって素敵な街だなあ。

その後ぶらぶらお店など見ながら歩いていたら、大きな書店にこんなディスプレイが!  このWaterstone書店では数日後にThe Fall of Gondolin出版記念でアラン・リーのサイン会があるのです。この日にはイギリス北部でサイン会やってたはず。ちょっとスケジュールがずれてました・・・
Img_20180827_194506_350x263

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

イギリス旅行記2018:(15)オックスフォードへ

8月27日(月)

この日はオックスフォードへ移動します。朝食は、スモークサーモン&スクランブルエッグを選びました。毎回朝食のことから書き始めて写真を載せるからTwitterにはその写真ばかり載ってしまいますね(笑)。スモークサーモン&スクランブルは前にホーニングのB&Bで食べて気に入って、家でも作ったりする好きなメニューです。
Img_20180827_103512_350x263

チェックアウトして、予約しておいてもらったタクシーでウィンダミア駅へ。
線路がここから始まる/ここで終わる駅って特別な感じがします。
P8270651_350x263

9時34分発の列車に乗りました。
行きには写真を撮る余裕がなかったオクセンホルム駅はこんなふう。
Img_20180827_115658_350x263

Prestonで乗り換え。ここは30分ぐらい待ち時間があって、飲み物を買ったりしました。
Img_20180827_130153_350x263

さらにWolverhamptonで乗り換え。混んでたけど座席指定しておいたのでよかった。車内で昼食に、前日にスーパーで買っておいたデニッシュを食べました。

14時20分過ぎにオックスフォードに到着。タクシーでキーブル・カレッジに行ってチェックインしました。学生寮に宿泊するのです♪
キーブル・カレッジは赤いレンガの素敵な建物です。
Img_20180827_212052_350x263

私たちが泊まったのは新しい建物だったけど。手配した時には古い建物の部屋は空いてなかったんですよね・・・。
Img_20180827_212322_350x263

ツインセットという、シングル2部屋とトイレ/シャワー、さらに(予想外の)キッチンがセットになっている部屋で、古い建物のふつうのツインの部屋よりたしか安かったんだから満足でしたが。エレベーターがあるのも新しい建物ならでは。
部屋は結構広くて、最上階だったので天窓もありました。カレッジのマーク入りのシャンプーセットもありました。
Img_20180827_170322_350x263

荷物を置いて、街の観光に出かけました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

イギリス旅行記2018:(14)バスツアー

8月26日(日)

この宿の朝食はメニューが豊富で、前夜に用紙で注文しておくようになっていました。私はクランペットにしました。シロップをかけるのではなく、チーズが載っていました。卵の調理法も選択できて、スクランブルにしました。
Img_20180826_104036_350x263

その前にグラノラ、フルーツ、ヨーグルト、マフィンも自由に取れるようになってるから、それもしっかり食べてお腹いっぱい。朝食をたっぷり食べて昼食(夕食も)を軽くするパターンになって、節約にもなりました(^^)。
Img_20180826_102112_350x263

この日はマウンテンゴートのバスツアー、Ten Lakes Spectacularに参加します。湖水地方は3度目だけど、これまでウィンダミアとコニストン以外に行ってなかったので、普通の観光ですがとても楽しみです。天気はあいにくの雨で、前日とはうって変わって寒いです。タトゥー用に持ってきたダウンも一応持って行きました。バスが宿まで迎えに来てくれて、あちこちのホテルでピックアップしてスタート。アンブルサイドを通ってまずグラスミアへ。

まずは有名なジンジャーブレッドのお店で購入。
Img_20180826_122418_350x263

ワーズワースの散歩道に水仙の詩。高校の英語の教科書に載ってたなあ。隣の教会でお墓も見ました。
Img_20180826_123032_350x263

ケズウィックを通ってダーウェントウォーターのサプライズビューという見晴台へ。名前どおり素晴らしい眺めです。ダーウェントウォーターはダリエンのモデルの岬があるところですが、後で調べたらそれはケズウィックの近く(写真の奥側のほう)で、寄りませんでした。
Img_20180826_132656_350x263

少し戻って石造りの古い橋Ashness Bridgeを見ました。この上をバスも通りました。
P8260615_350x263

この後の湖沿いの道でダリエンっぽい岬を見つけたと思ったけど、違うところだったようです。
Borrowdaleのすごい谷を通り、石切り場のあるHonister Pass(峠)でトイレ休憩。見下ろす谷がすごいのと、アルゴナスのような門が建っています。雨風が強くてものすごく寒く、ダウンも着込みました。まさかまた役に立つとは。
Img_20180826_140702_350x263

バターミアなどをとおり、ケズウィックで昼食休憩。温まるスープがいいと探し回ってどうしようかと思った時にちょうどいいカフェLittle Chamonix Cafeを見つけました。入る店に困るといい店が現れる、エジンバラでの再現のようでした。リーキとポテトのスープにチェダーとポピーシードのスコーンを食べました。
Img_20180826_152655_350x263

その後ストーンサークルへ。ストーンヘンジと違って自由に近づいて触れました。周りにスキドウやヘルヴェリンの山があり、ナンシイのセリフを思い出します。ガイドさんが、「イングランドにあるのはfellで、mountainはスコットランドにまかせてる(We have fells, and let Scotland have mountains)」と説明していて、昔スコットランドのB&Bでおばあさんが「あれがmountainだよ」と教えてくれた(日本人には山は珍しくないのにと思った)のを思い出しました。
Img_20180826_161806_350x263

それからアルズウォーターを蒸気船で縦断しました。寒いので船室に入りましたが、やはり外がいいから出て行って景色を見ては寒くなって入って、を繰り返しました。船はグレートヤーマスで造られたものでした。
P8260648_350x263

Img_20180826_174631_350x263

Img_20180826_173155_350x263

船を降りると、バスが先回りして待っていてくれたので再び乗り込みます。
Img_20180826_181345_350x263

この後Kirkstone Passから霞んでいるBrothers Waterを見ました。
Img_20180826_183338_350x263

Troutbeckをとおってウィンダミアに戻ってツアー終了。雨で寒かったですが、見学の時はだいたい小降りだったし、自力で回る日でなくバスツアーの日でよかったです。

スーパーやお土産屋さんによって買い物をして、部屋で夕食。Kabutoヌードルなんてものを見つけて、話のネタと温まるために買ったのでした(^^)。チキンラーメン味とビーフフォー味で、3分待つ間に瞑想せよとか書いてありました(笑)。あと枝豆サラダとグラスミアのジンジャーブレッド。
Img_20180826_212006_350x263

バスタブありの宿で本当によかったと思った、寒~い一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 7日 (月)

新年の横浜散策

1月6日、部分日食はまったく見えなかった曇天の下、日本丸の工事のためドックが水抜きされたところを見てきました。
市民見学会が来週あって申し込んでもらってたんだけど見事ハズれたので外からだけでもと、仕事のないうちにと急に思い立って行ってきました。

日本丸の手前に、水陸両用バスが止まってました。もうすぐ出発みたい。面白そうだけど、3500円だって。
Img_20190106_115201_263x350

日本丸のドックはすっかり水が抜かれています。見学会ではあそこに下りて船底などを間近で見られるようです。
Img_20190106_120555_263x350

Img_20190106_120429_263x350

船尾ではスクリューも見えます。
Img_20190106_115919_263x350_2

めったに見られない面白い光景でした。

馬車道あたりのお店で、クリームティー休憩。おいしかったけど、1200円は高い~。
Img_20190106_122755_350x263

それから、郵船博物館で「時計 x 航海  経度ヲ発見セヨ」の特別展。
Img_20190106_152906_263x350

『経度への挑戦』というという本を数か月前に読んだばかりで、ナイスタイミングな展示でした。、航海中に経度を測るのは緯度と違って非常に困難だったとは、それまで考えたことがなかったです。そのために作られた船舶用の精巧な時計のいろいろ。日本ではどうだったかも知ることができてよかった。セイコーミュージアムとの共催で、そっちもそのうち行ってみたいです。(セイコーとはちょっとご縁があったことがあり、展示を見てひそかにうれしかったのでした。)それから博物館の館長代理による常設展解説があるというので聞いてみました。日本郵船の社内事情的なお話もあって面白かったです。でもね、氷川丸の模型の説明してて、「ここに緑の明かりがあるのですが実はこれは・・・」と「知らないでしょ?」と言わんばかりだったのはどうかと思ったよ(笑)

解説を一緒に聞いてた人が飛鳥IIの入港を見て来たところのようで、しまった~と思い、せめて停泊してる様子を見に行きました。
Img_20190106_153551_350x263

この時は気がつかなかったけど、 あとで横浜港のサイトを見たら、向こう側に停泊しているのはぱしふぃっくびいなすでした。ちゃんと大桟橋まで行けばよかったな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イギリス旅行記2018:(13)ウィンダミア湖

8月25日(土)

移動日なので荷造りをすませて朝食。他の人がポーチトエッグを注文しているのを聞いて、選べるならと私もポーチトエッグにしました。ジンジャーケーキとバナナケーキをテイクアウトに買って、前夜に予約しておいてもらったタクシーでコニストン村へ。「帰る日になって晴れたね」と言われたけど、前日もほとんど濡れてないし、今日もいろいろ回るから大丈夫。コニストン村、また来られたらいいな。
Img_20180825_121355_350x263

10時半頃のバスでウィンダミアへ。駅近くのインフォメーションで荷物を預けてボウネスへ。大観光地で土曜日だからすごい人! そして暑いぐらいで日焼けしそうな天気。

桟橋の近くで船を眺めながら、昼食代わりのケーキ。
P8250595_350x263

Img_20180825_150922_263x350_2

1時40分の遊覧船に乗りました。遊覧船の目の前を横切るヨットにちょっとびっくり。
Img_20180825_155403_350x263

湖上にはたくさんのヨット。
Img_20180825_155652_350x263

アンブルサイドのユースホステル。学生時代に来た時にはここに泊まったので懐かしい。
Img_20180825_162622_350x263

アンブルサイドで下船してすぐ、Boran Parkで北極探し。たまたま歩いていって立ち止まってしまったところのすぐ近くにあって、じっくり探す楽しみを味わってもらえずすみません~。
Img_20180825_163856_350x263_2

北極からの湖の眺め。
Img_20180825_164253_350x263

学生時代に(北極があった場所とは知らずに)この公園に来た時に、湖岸の曲がった木のところで写真を撮り、その木を2004年の時にも確認したのですが、今回は見当たらず、もしかしたらという切り株がありました…。

公園の隣にあるローマの砦の遺跡。(追記:In the Footstepsによると、ロビン・コリングウッドにより発掘されたそうなので、ランサム関連と言えることに今気がつきました~。 )
Img_20180825_165144_350x263

スレートの塀、上はスレートを立てているのは、動物が乗り越えにくいようにしているのでしょうね。
Img_20180825_165754_350x263

3時15分の船でボウネスに戻り、ウィンダミア駅に戻ってインフォメーションで荷物を受け取り、駅の隣の大きなスーパーBoothで夕食を買い、15分ぐらい歩いてこの日の宿、Ivythwaite Lodge(とても湖水地方らしい名前)へ。部屋の名前を山の名前にしていて、泊まったのはヘルヴェリン、隣はスキドウでした。
Img_20180825_193513_350x263

ドアの鍵が外からも中からも穴にさすもので、カッレくんに出てきたけど子どもの時には理解できなかったあれだ~。でもドア下に隙間はないからカッレくんごっこはできませんでした(笑)。
Img_20180825_195840_263x350

Farrer'sの紅茶に、まさかのバラブリス(ウェールズのケーキ)!
Img_20180825_194800_263x350

パスタサラダとコールスローの夕食。(簡単で安い夕食になっていく…)
Img_20180825_205601_350x263

バスタブのある宿を選んでくれたので、お湯をためてゆったり入りました。

寝る前に、やっと晴れた夜なので星を見に外へ出てみました。おなべの星がハンパない高さ!  ふだん北極星があるぐらいの高さに見えてる感じでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

イギリス旅行記2018:(12)クルーズと散策

次はコニストンランチのクルーズです。
湖南端まで行くSwallows and Amazons Cruise(90分)はやっていない曜日なので、ヤマネコ島まで行くWild Cat Island Cruise(60分)に乗りました。さっきとは違う船です。
P8240572_350x263_2

陽もさしてきてよかったと思ったらまた雨が激しく降ってきて船室に入りましたが、やんできて外に出てみたらちょうどヤマネコ島が見えてきたところでした。
Img_20180824_174449_350x263_2

クルーズでは上陸はできないけどそれはしかたがない。その代わり説明がいろいろ聞けます。ランサムが住んでいたヒールドは、2004年には車で前を通ったけど塀があってよく見えなかったし、モーターボートからではどれだか意識して見てなかったのですが、今回説明に出てきたのでちゃんとわかってよかったです。
P8240582_350x263

以前日本でも会ったことがあるロバートさん(世界のランサム本のサイトのオーナー)は今日は休みだそうで、2004年にはバンクグラウンドファーム(BGF)に泊まっていて会えたのに、今回は残念でした。

クルーズが4時15分に終わり、夕食ははじめパブで食べたいと思っていたのだけど、時間が早くてまだ食べる気はしないので、テイクアウトを買って宿に戻ってから食べることにしました。ただ時間が中途半端で、テイクアウトのあるカフェは閉店間際でもう品切れ、夜に営業するテイクアウトもできる店はまだ開いてない。雨もまた降ってきて困ったと思ったときに、どこかにフィッシュ&チップスの店があったのを思い出してGoogle Tripで調べて行って、無事買えました。それを持ってBGFまで散策しながら戻ります。

5時10分に歩き始めました。車道沿いにフットパスがほぼずっとあって、羊のいる風景を楽しみながらのんびり歩いて行きました。青空も見えてきた、と思ったら虹が出ました!
Img_20180824_193031_350x263

湖の北端あたりは道が湖沿いになっているので、コニストンの北極探検ができました。
Img_20180824_193304_350x263

白鳥もいました。
Img_20180824_193659_350x263

Tent LodgeやLane Head(どちらもベックフットのモデルと言われる)も見られました。
Img_20180824_195616_350x263

すっかり晴れて、カンチェンジュンガもきれいに見えました。
Img_20180824_195722_350x263

6時ごろBGF着。ふつうに歩けば40分ぐらいでしょうか。いろいろ楽しめる、歩く価値のある道でした。(ただスーツケース引っ張ってではキビシイでしょう。) 後で地図を見たら、Tent LodgeからBGFは農場の中を歩くフットパスもあるようでした。

BGFで昨日見忘れていた、新しい映画がらみで作られたらしいナンシイたちとフリント船長の像を見に湖岸に下りて行きました。
Img_20180824_204352_350x263

湖も山もきれいです。
Img_20180824_204746_350x263

庭を歩いていたら、茂みの奥に秘密の場所が作ってあって、グリーンノウを思い出しました。
Img_20180824_205602_263x350

そして部屋で紅茶とフィッシュフライ(チップスなしにしました)とクリームチキンパイの夕食。
Img_20180824_210801_350x263

雨が降ったりやんだりの一日でしたが、強い降りの時は船や建物などにいたのでラッキーでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 4日 (金)

イギリス旅行記2018:(11)ラスキンミュージアム

コニストンランチの船は、ブラントウッド~コニストン間だけだと4ポンドですが、あとで湖一周クルーズに乗る予定なので、一周分のチケットで乗り降り自由(約13ポンド)のを買いました。船に乗ったら雨がザーザー降ってきたので船室に入り、下船の時にはやんでいました。犬小屋探索中に降らなくてよかった~。
スチームヨット「ゴンドラ」が来るのも見えました。

P8240567_350x263

コニストンの村に行って、Green Housekeeper Cafeで昼食にクリームティー。スコーンがすごく大きくてサクサクでおいしかった!

Img_20180824_150813_263x350

食事中また強く降っていた雨がやんできたところを見計らってカフェを出てすぐ近くのラスキンミュージアムへ。ラスキンのことはともかくとして(笑)、アマゾン号やランサム関係の細かいいろいろな展示を見ました。
Img_20180824_155540_263x350

Img_20180824_155756_350x263

Img_20180824_160225_350x263

前日に食べたCharの展示や説明も。
Img_20180824_155912_350x263

別室にはコニストンでもうひとつ有名なドナルド・キャンベルのブルーバード関連の大々的な展示(撮影禁止)がありました。その当時の映像もあったのですが、それが帰国後オックスフォードめあてで見た「刑事モース」に出てきて驚きました~。

コリングウッドが作ったピール島の模型もあって、「湖のトルシュタイン」(コリングウッドがピール島でヴァイキングの生活の痕跡を見つけ、それに着想を得て書いたヴァイキングの少年の物語で、ランサムの愛読書)を思い出しました。北欧神話の先生(ここで言及しておこう(^^))に以前聞いた話では、イギリスで北欧神話の研究をたどると必ずといっていいほどコリングウッドに行きあたるそうです。(詳しくは以前の記事を参照)前回湖水地方に来た以後の読書や講演で知ったことが、見るものを面白くしてくれました。
Img_20180824_162501_263x350

売店でArthur Ransome Under Sailという本を買いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

皆さま、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

遅ればせながらこちらにもアップしておきます。
2019年初日の出。雲の下から一瞬出てきてくれました。

Img_20190101_065610_350x263_2

その前には細い月と金星の競演。(木星も一瞬見えました。)
毎年6時起きしてたけど、もうちょっと早いほうがよさそうだと今年は10分ほど早くしました。雲が多かったので空が明るく染まっていく様子はイマイチでしたが、それでもそのぐらいの時間がよさそうです。

Img_20190101_061842_263x350

Img_20190101_062559_350x263

富士山は見えませんが、丹沢はきれいでした。

Img_20190101_065925_350x263

この後昼までにはすっかり快晴になったのですが、富士山は見えないままでした。
2日3日は忙しく、今日やっときれいな富士山を見に行けました。

Img_20190104_110414_350x263

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »