« ARC総会イベント:小網代から油壷散策 | トップページ | 迎春 »

2015年12月11日 (金)

ARC総会イベント:一日船三昧

Imgp0051_250x188クラブハウスのロフトで、初めて使う寝袋で気持ちよく寝られた翌朝。(家族キャンプ用の寝袋はかさばって車じゃないと不便なので、ポイント集めてもらう景品でコンパクトな寝袋を手に入れてから5年以上使う機会がなかったのを、やっと初使用。荷物が増えても貸布団にしなかったのはこのためでした。)

炭火でトーストしたりパンケーキやソーセージを温めたりした朝食の後、クルーザーに乗りに行きました。鬼号のような木造の素敵なクルーザーです。

Imgp0029_250x188 中もこんなふうで木の感じがすごく素敵。メンテナンスは大変そうだけど。まず中に入ってしまって、上に行くと邪魔かもしれないのでそのまま窓から出航の様子を見ました。

やがて落ち着いたっぽいので甲板に出て、船も港を出て、相模湾を帆走。風が結構強くて寒かったので、朝迷ったけどフリースも着込んで正解でした。その上に防水の上下を着てるので濡れてもバッチリなのですが、Imgp0046_188x250 突然の大きな波を頭からかぶってしまいました~。江ノ島に向かって走ったり戻ったりを繰り返して約1時間の航海。黒崎の鼻ってどれかな~とか思ったけど、船長さんたちから離れたところに座ってたので確認できませんでした。それにしても、曇りの予報なのに日が射してきて、ARCの晴れパワーはすごい!

カヤックや小ツバメに出迎えられて港に戻って次のグループと交代し、まずはジンジャーティーで体を温めて休憩。その後は1人用カヤックはあるけどそばに誰もいないと心配なので結局乗らず、のんびりしながら前夜焼き切れなかった具材を焼いたり、買ってきてくれた美味しいサンドイッチの昼食に突入。

Imgp0057_250x188 午後は2年前にも乗った、ツバメ号のようなディンギー「ドングリ号」と、小ツバメやカヤックで船遊び。ベースとなる浮き桟橋まで、まず小ツバメに乗せてもらって行きました。風を受けて気持ちよく走ってうれしい~。午前乗ったのとはまた違う、木造(しかもクリンカー張りのよう)の美しいクルーザーも通りました。

小ツバメを降りて、次はカヤックに乗ろうかなあと準備していた時、なんとドングリ号が沈してしまいました!  隊長に言われてそのままカヤックに乗り込み、難船救助に向かいました。ディンギーを起こし直そうとしたけどできなかったので、とにかく水路からどかそうとカヤックでディンギーを岸のほうへ押していきました。そして浮き桟橋上の人たちが中の水をなるべく出すようにして船を起こし、中の水をくみ出しました。この間、私はすっかり「死と栄光号」のメンバーの気分でした。

Imgp0060_250x188 ドングリ号がまた乗れる状態になると、ちょっと不安はありながらもせっかくの機会なので、ベテラン隊長の操船で最初に一緒に乗りました。2年前も私が乗った時には運よく風があったのですが、今回も気持ちのいい風で帆走することができました。その後交代でみんなが乗りました。2隻並んで帆走してる様子は、まさにツバメ号とアマゾン号!

夕方になり、片付けてカヤックで戻り、船やライフジャケットなどを洗って片付け、おやつを急いで食べて濡れた服を着替えて解散。

そして希望者数名は近くのホテルの日帰り温泉に入り(待ち時間にレストランで三崎のマグロの夕食♪)、海水を洗い流せてさっぱりしました。ソフトクリームの看板に惹かれていたら、「ひみつの海には文明のアイスクリームが必須」という立派な理由があったので堂々と食べ、夕方よりずっと空いたバスに乗って帰ったのでした。

|

« ARC総会イベント:小網代から油壷散策 | トップページ | 迎春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ARC総会イベント:一日船三昧:

» 「ひみつの海」2日目 [foggyな読書]
1日目からの続きです。 =============== 2日目は天気予報どおりの曇り空。でもイギリスっぽくて悪くありません。雨さえ降らなければ。 ABSの木造クルーザーに乗せてもらいました。希望者(とは言っても実質的に全員)が2グループに分かれ、私は前半グループに入りました。 全身ゴアテックスに身を固めた私を見た船長は「どうぞ前に」 海を眺めながら風に吹かれてリラックスしていたら、突然やってきた波をかぶってしまいました。体はゴアテックスで守られているけれど、髪が~! メ... [続きを読む]

受信: 2015年12月11日 (金) 19時38分

« ARC総会イベント:小網代から油壷散策 | トップページ | 迎春 »