« えほんや「ツバメ号」と油壷の「アマゾン号」 | トップページ | 体育研究発表実演会 »

2013年11月 9日 (土)

銀座散策とさだまさしコンサート

11月4日(祝)は銀座周辺で。元の計画の葛西臨海公園でのバードウォッチングは仕事が忙しくなってハードだからパスしようと思っていたら結局中止になりました。忙しいとか言ってるくせに直前になって夜に予定を入れてしまい、都心に出るならナルニア国など行く人たちに合流できるかなってことで、昼過ぎから銀座へ。

ナルニア国ではイベントで入れなくなる直前にホールの展示(センダックなどのポスターの展示販売)を見てから、店内をうろうろ。ときどきここに来て新刊の棚をチェックすると、他の書店ではわからなかった本を知ることができるのでありがたいです。「獣の奏者外伝」の文庫版を買い、そういえば3巻と4巻の文庫は買っただろうかと気になりました(家で確認したら買ってなかったので今度地元書店で買います)。だんだんメンバーが集まってきて、あちこちの棚を見て話に花が咲きます。

次の予定があるので外に出たら、歩行者天国にかわいい猫がいて人だかりがしているので、つい一緒になって見てしまいました。子猫がかわいい~。自慢しに連れてきたってことかな。
それから京橋の画廊に行って、Mさんのご主人の個展を見ました。どうやって描くのかすごく不思議な感じの絵を見て、それに先客からすごく珍しい話も聞いたりもしました。

で、集まったメンバーでお茶。予定のお店ではまとまって座れないというので、途中にあったちょっといい感じのお店(パイロット社のミュージアム&カフェ)に入ったらなんとハイティーがありました♪ 夜の予定に備えて腹ごしらえしておきたかった私は迷わずそれにしました。サンドイッチにスコーンにポットの紅茶で700円! ただ水分は控えておきたくて、紅茶を残さざるを得なかったのが残念。かといって他の飲み物にはしたくなかったし。集まった中にはARC創設当時を知る人がいて、そういうお話などを聞いたりして盛り上がりました。

私は4時半に抜けて、東京国際フォーラムへ。さだまさしコンサート、4000回コンサートやら40周年ベストアルバムやらでメディアで取り上げられたからか、チケットがすごく取りにくくなってしまい、自分では取れなかったのだけど、行けなくなった人から譲ってもらえることになったのでした。相手の人は、この前の生さだでハガキを読まれてたのでびっくりでした。会場に入って、仲介をしてくれた人にお会いしてお礼を言って、まもなく開演。ベストアルバム「天晴」をタイトルにしたコンサートだけど、それ以外の曲も多かったのがよかったです。歌もトークもたっぷりで、トークの内容から歌につながる、しっかり構成されたコンサート。お祭り的なコンサートもいいけど、やっぱりこういうのが最高です。バンドの編成も珍しく、2つの弦楽器がいい響きをしています。20年に一度の神事の貴重な体験談も聞けて大満足でした。5時開演だから余裕があって多少トークが長めだったらしいけれど、それでも3時間ちょっとで終わりました。

(ツアーが終了したので曲目を追記:パンプキンパイとシナモンティー、Birthday、道化師のソネット、主人公、さよならさくら、長崎小夜曲’90、向い風、あと1マイル、ジャカランダの丘、October、片恋、たいせつなひと、セロ弾きのゴーシュ、ソフィアの鐘、遥かなるクリスマス、アンコールに風に立つライオン)

帰りに入ったローソンで、おにぎりを買おうと思って(この日はパン類ばかり食べていたので)いたはずなのに、うわさのエッグベネディクトを見つけたので思わず買ってしまいました。家で温めて食べたら、卵がとろりとしておいしかった♪ こうして盛りだくさんな三連休は終わったのでした。

|

« えほんや「ツバメ号」と油壷の「アマゾン号」 | トップページ | 体育研究発表実演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座散策とさだまさしコンサート:

« えほんや「ツバメ号」と油壷の「アマゾン号」 | トップページ | 体育研究発表実演会 »