« 滝川イベント(4):ふれ愛の里コテージ | トップページ | 滝川イベント(6):グライダー体験 »

2012年10月 8日 (月)

滝川イベント(5):ヨット教室

翌日雨がちの予報で心配でしたが、朝起きる前には激しく雨が降ったものの、起きる頃にはとりあえずほとんどやんでいました。一晩置いて味のしみた石狩鍋の残りを食べ、天気の状況次第で可能なアウトドア活動をするべく用意をしました。各施設に問い合わせたところ、グライダーは雲が低くて不可、ヨットやカヤックはOKとのことで、まず午前中は海洋センターに行くことになりました。

カヤック希望の人は一人乗りや二人乗りの艇で漕ぎ出し、ヨット希望の人は一人乗りヨットのオプティミスト3艇に取り組みました。まず「はい、艤装して」と言われて「わからないよ~」と思いながら他の艇を見たり教えてもらったりしながら用意しました。旅行中に持ち歩く本がなくて、ヨット入門の本を持って行くのがいいかもと思いながら忘れてきてしまったのが残念…。もやい結びも向きが違うとできなくて、何のためにスーツケースに目印を兼ねてロープを結んできたのやら。 「各部の名前はわかりますか?」「マスト」「ブーム」「ガフ?ヤード?」「これはオプティミストではスプリットポールと呼びます」そうなのか~。Dsc02331_250x141でも一応全集的には合ってるよね。「ヨットの経験は?」「断片的な知識と、何度か人に乗せてもらったことがあります」「では皆さんの中で一人では乗ったことのない人は?」ここで自信たっぷりに手を上げました(笑)。多くの人は一人で乗るのは初めてなので、まず陸上で練習です。台車に乗せたヨットに乗り込み、タックやジャイブを何度もしました。

そしていよいよ水上へ。COOTさんがお手本として乗った後、ドキドキして順番を待つよりはいいと思って、第一陣で乗り込みました。ティラーとシートを持つと、ヨットが風を受けて進んだ~。わあ、気持ちいい。タックをやってみたらなんとかできた~。指導員の人は桟橋やボートから指示してくれているのだけど、自分に対する指示なのかよくわからない…。何をどうしたらいいんだろうと思っていたら、カヤックに乗ったCOOTさんが教えに来てくれました。タックの後のティラーの向きに注意ということで、それに気をつけてさらに進んで行きました。Dsc08412_250x141 それにしても、片ひざをついて座って左右に移動するのは、足が結構つらい。足をつるかもと思っていたら、わき腹をつってしまいました。すぐ治まったからよかったけど。タックを繰り返し、コテージ近くの橋の手前まで行って、Uターンして追い風で走り、何とか桟橋に戻ってきました。ふう、足がしんどいし、ひざが痛いと思ったらあざのようになっていました。でも何とか操船できて楽しかったです。

Dsc08421_250x141 ちょっと休憩してから、ビール艦長と一緒に二人乗りカヤックに乗りました。パドルのブレードが左右で角度のついているもので、右手首を返して左をこぐ練習や、停止する練習をしました。ヨットでは足、カヤックでは腕を使ってすっかり疲れたので、後で温泉でほぐさなくては。

皆いろいろ乗って、片づけて12時ごろになりました。これだけしっかり体験できて、費用は2時間でたったの760円! なんとありがたい施設でしょうか。機会があったらまた来たいものです。
(写真はCOOTさん撮影のものです。)

|

« 滝川イベント(4):ふれ愛の里コテージ | トップページ | 滝川イベント(6):グライダー体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滝川イベント(5):ヨット教室:

» 9/16 滝川イベント2日目午前:ヨット編 [ナンシイの足跡]
朝、起きると、しっかり雨が降っています。朝食に昨晩の石狩鍋の残りをいただき、9時 [続きを読む]

受信: 2012年10月 9日 (火) 05時55分

« 滝川イベント(4):ふれ愛の里コテージ | トップページ | 滝川イベント(6):グライダー体験 »