« イギリス旅行記2008(4):ワイト島 | トップページ | 松葉杖の海賊二世 »

2008年10月20日 (月)

スコティッシュ・カナダ

友人のブログで話を出したので、カナダに見られるスコットランド的なものについて説明を。

カナダはアメリカよりずっとイギリスっぽくて擬似イギリス体験がいろいろできるのですが、東海岸のプリンスエドワード島、ノヴァスコシアあたりは、スコットランド色が割と強いところです。以前はこのあたり一帯がノヴァスコシア地方(=ニュースコットランド)と呼ばれていたので、それも当然なのかもしれません。でも15年以上前のことですが、ハリファックスの空港に着いていきなり、バグパイプを吹いている人を見た時にはびっくりしました。シタデルという城砦の番兵はキルト姿だったし。Wikipediaの記事によると、プリンスエドワード島とノヴァスコシアの2州は、スコットランド系の人の割合が多いトップ2のようです。日常生活にスコットランド的なものがあるかどうかはわかりませんが、おみやげなどにはスコットランドを意識したものが散見されました。

Sts330360 州のタータン柄が決まっていて、そのグッズが売っていました。左の青いのがノヴァスコシア、右がプリンスエドワード島。調べてみたら、ほとんど全部の州に公式タータン柄があるようなのですが、他の州のおみやげ屋さんでは気がつきませんでした。オンタリオ州は公式に決まったのが
2000年だったというので、知らなかったのも当然なのですが他の州ではあったのかなあ。オンタリオ州でもハイランドゲームをやる町があったりします。見たかったけど都合がつかなくて行けなかったのが残念でした。

Sts330363 こんなトレーナーもプリンスエドワード島で買いました。タータンにバグパイプに右半分はゲール語。これがゲール語だというのは、トロントで手芸講座を一緒に受けていたおばあさんが教えてくれました。その時は「そうなのか~」で終わってしまったけど、今ならいろいろ突っ込んで聞いてみただろうなあ。残念なことをしました。先の記事にも、ノヴァスコシアには2000人ぐらいゲール語を話せる人がいると書いてあります。
ちなみにここに書いてある「The Road to the Isle」(島への道)というのは、『シロクマ号となぞの鳥』で風笛吹きが演奏している曲の名前です。それに気がついた時には驚きました~。

Sts330358トレーナーの話が出たついでに、 ヤマネコ号夜間航海の時に着て行って船長にも注目されたTシャツの説明もしておきます。写真左の赤いTシャツで、この帆船はチャレンジ号という、トロントで乗れる帆船の遊覧船です。3本マストのスクーナーです。これに乗ったのが初めての帆船体験で、「遊覧船とはいえ、帆船に乗るという夢をとりあえずは実現した」と思ったものでした。(今ではそれが最初の小さな一歩と化していることに驚くやらうれしいやら。)

実はチャレンジ号に乗る1ヶ月前にノヴァスコシアに旅行に行って、写真右の白いTシャツの帆船ブルーノーズII号の一般航海に乗ろうと思っていたのですが、着いたら船がいなかった(^^;;。前日に別の港へ移動してしまっていたのでした。日程に余裕のある自由な旅行だったので、プリンスエドワード島やニューブランズウィック州のマグネティックヒル(上り坂に見える下り坂)など予定していたところを見た後、ブルーノーズ号を追いかけてノヴァスコシアを走り、ロックポートでやっと見学できたのでした(残念ながらそこでは航海はありませんでした)。2本マストのスクーナーです。こういう縦帆船が好きだなあってしみじみ思ったのですが、思えばそのルーツは(その時は意識していなかったのですが)ヤマネコ号だったのでした。

|

« イギリス旅行記2008(4):ワイト島 | トップページ | 松葉杖の海賊二世 »

コメント

昔、円高だったころアメリカの通販で服を買うのにハマり、カタログの英語だけはすらすら読めるようになったのですが、その時、格子縞にcheck,plaidの違いがあることを知りました。そしてplaidにもそれぞれ名前があることも。
私はその中の「ブラックウォッチ」というのが好きで、実は今着ているエプロンもそれです。で、調べてみたら「昔、スコットランドの近衛部隊が、夜間の警備の時、目立たないように身に着けていた暗い色合いのレジメンタル・タータン」なんですって。氏族のタータンはクラン・タータン。では州のタータンはステート・タータン?
どんなものにも歴史があるものですね…

だいたい、今調べるまでplaidを「プレイド」と読んでいました(^-^;(正しくは「プラッド」)

投稿: ラッコ庵 | 2008年10月21日 (火) 10時44分

TBありがとうございます。リンクの手間までおかけしてしまってすいません。

プリンス・エドワード島のあたりの移民には、フランス系のカトリック教徒もいたのだとか。でも、圧倒的に英語ネイティブのプロテスタントが多い上に、生活水準にも差があって、日陰の存在だった、、、というようなことを、昔読んだことがあります。

イングランドに併合されたスコットランドの人々は、アイルランド併合のときには先兵として戦ったんですって。スコットランド兵は勇猛果敢で役に立ったらしいです。(「ブーリン家の姉妹」に出てくる英国軍もスコットランド兵)
それなのに、「クリアランス」とかいう追い出し政策のせいで、新大陸に渡らざるを得なかった人がたくさんいるんですね。
そんなことを考えると、他人事ながら、すごく屈折した気分になります。

投稿: Foggy Scilly | 2008年10月21日 (火) 21時45分

>ラッコ庵さん

ブラックウォッチ、いいですよね。高校の頃結構好きな柄だったので懐かしいです。
カナダの州はプロヴィンスなので、プロヴィンシャル・タータンなんです。

>Foggyさん

カナダは英仏両方公用語といっても、英語勢がずっと多いから、フランス系の住民がすごく多い場所以外ではマイノリティになってしまってるんでしょうね・・・。

投稿: Titmouse | 2008年10月26日 (日) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スコティッシュ・カナダ:

» ケルト紀行を読んでアンに思いをはせる [foggyな読書]
ケルト関連の本を2冊読んで、いちばんのツボだったのが、実は「アン」関連のネタでして。アンと言ってもブーリンではなくてシャーリー。つまり「赤毛のアン」です。 「赤毛のアン」の舞台であるプリンス・エドワード島がノヴァ・スコシャ(=ニュー・スコットランド)という地方に属することは知っていました。 スコットランドは中央集権化が進まず、各地方にクラン(族)があって群雄割拠状態だったということも知っていました。 で、「スコットランド紀行」によると、クランの中でも強力だったのがマクドナルド家。 ル... [続きを読む]

受信: 2008年10月21日 (火) 21時47分

« イギリス旅行記2008(4):ワイト島 | トップページ | 松葉杖の海賊二世 »