« 立春の雪 | トップページ | 緩音変異 »

2006年2月 5日 (日)

バッファローウィング

お料理バトンで挙げた「チキンウィングバッファロースタイル」、パブでメニューにあったので喜んで食べたのですが、「バッファローウィング」という名前だったので「チキンなのになんでバッファロー?」と質問されました。

バッファローとは、ナイアガラの滝の近くにあるアメリカの町の名前です。カナダからは国境を越えて一番近い町なので(ナイアガラの観光地は除いて)、アメリカのほうが物価が安いのでこの町に買い物に行ったりするらしいです。その町でできた料理だからバッファローウィング。動物のバッファローじゃないです(^^)。この料理の紹介をしているサイトを見つけたので、詳しくはそこをご覧ください。日本でもソースが買えるんだ~。

北米の地名がらみでついでにいうと、サウザンドアイランドドレッシングの「Thousand Islands」は、トロントとモントリオールの中間にあるキングストンの近く、オンタリオ湖とセントローレンス川の境のあたりにたくさん島があるところの地名からきています。1700も島があるんです。その島のひとつに住んでいたお金持ち(お城風の別荘が公開されている)に雇われていたシェフが考案したものです。

トロントとバッファロー、キングストンあたりの地図はこちら。(ちゃんと出るかな)

|

« 立春の雪 | トップページ | 緩音変異 »

コメント

Titmouseさん、こんにちは。
バファローウィング、食べたいですねえ!
日本でもソースが手に入るのですか。
というか、成分がわかればいいんですけど・・・配合は試行錯誤でしょうけどね(苦笑)

バファローつながりで、バファローギャルズというアメリカンフォークソング?があるのですが、ご存じですか?
子どものころ英会話クラブで歌って遊んだのですけど。

投稿: leirani@crann | 2006年2月 8日 (水) 12時52分

>leiraniさん

いろいろ聞いたり本で見たりして、うちで作ってみたソースはこんな感じです。

バター、たまねぎ、にんにくのみじん切りを合わせて電子レンジで1分ぐらい加熱する。そこへケチャップとレモンジュースとタバスコを入れて混ぜる。ウスターソースを少し入れることも。

投稿: Titmouse | 2006年2月12日 (日) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッファローウィング:

» baffalowing want to come out tonight! [Sextans 好奇心のコンパス]
バッファローウィングという、鶏料理があります。 すっぱくて辛いソースにつけこんだ、鶏の手羽部分をグリルしたものです。 アメリカやカナダでは普通に作ったり、売っていたりするらしい。 私は品川にあるT・G・I FRIDAY'Sでお目にかかりました。 海向こうで食べたことのある方には懐かしい味のようです。 すっぱくて辛いというと、タイ料理を思い浮かべるけれどそれとはまた違った「すっぱ辛さ」。 作れるものなら作ってみたいなあ、と思っていたら、Sea songs のTitmouseさん... [続きを読む]

受信: 2006年2月 9日 (木) 00時45分

« 立春の雪 | トップページ | 緩音変異 »