2022年8月10日 (水)

子ども文庫訪問

7月2日に友人がやっているカフェ&子ども文庫へ。知ってからコロナ禍でなかなか行けなかったので、念願の訪問でした。
子ども文庫 upon Nashは、西武多摩川線新小金井駅から近い、元はライブハウス(その名前がNash)だという洒落た建物です。
Img_20220702_113654_400
中に入ると壁一面を占める一番大きな本棚がまず気になります。懐かしい装丁の本がたくさん! 最近の本もいろいろ揃っています。 自宅にまだある本とときどき入れ替えるそうです。
ランサム全集は全巻並べると場所を取りすぎて圧倒されてしまうので、厳選した3冊を持ってきているとのこと。納得のセレクションです。

この本棚には、以前に読みたいと思った記憶がある本がいくつかありました。そのうちの1冊、『謎の北西航路』は小6でランサムを初めて読んですぐに、船ものだからと借りて挫折したものでした。パラパラと見てみたけど、今でも挫折しそう…。でも次に気になって手に取った『氷島のロビンソン』や、題名は昔から知っていたけど最近冒険研究所がらみで興味を持った『オオカミに冬なし』も同じ著者だとわかったので、そのあたりから図書館で探して読んでみようかと思います。他にもいろいろ気になった本をメモしておきました。近くだったら会員になってここで借りるのになあ。
Img_20220702_113931_400
こちらは児童文学研究関係の本。水色の分厚い『英米児童文学史』が懐かしいです。私は研究とは縁がないのですが、ランサムについて知りたくて学生時代にこういう本をいくつか読んでいました。聖地についての情報をそこから得たこともあったように思います。
Img_20220702_113945_400
こちらの本棚の上の段も児童文学研究関係。L.H.スミスの『児童文学論』や『オンリー・コネクト』、私も持ってる『イギリス児童文学の作家たち』などうれしいですね。
Img_20220702_113952_400
こっちの本棚も好きな本がいっぱい♪
Img_20220702_114051_400
こっちの本棚も♪  知らない本や、新刊情報でタイトルだけ知ってた本も、ここにあるならお勧めに違いない。チェックしなくちゃ!
Img_20220702_114055_400
こちらは昔話の本棚。かいじゅうたちのぬいぐるみも素敵。手前に立っているのが今日のランチメニュー。ランチはメインを数種類の中から選びます。
Img_20220702_115859_400
カウンターの向こうにキッチンがあります。
Img_20220702_144950_400
選んだメインはアジの冷やしゴマ汁かけご飯。これに副菜数種類がついてきます。冷や汁ってよく聞くけど食べたことがなかったのでちょうどいい機会でした。アジとゴマ汁のうまみにきゅうりと薬味のシャキシャキが効いてて暑い日にさっぱりおいしかったです。副菜もいろんな味付けでどれもおいしかった~。そして食後にはミニスコーンと紅茶付き! 「自慢のスコーン」とサイトに書いてあるのが気になっていたのに、メニューでスコーン付きという表示を見落としていたのでサプライズでなおさらうれしかったです。
Img_20220702_122124_400
土曜日だったので昼時にはテーブル3つとカウンター席が埋まりました。親子連れも1組いて食後に本を(懐かしい『いやいやえん』をお子さんが選んだ)読んであげてて、いいなあと思いました。
私たちも食前食後に本をいくつか読んだり、店主さんのイギリス旅行の写真を見せてもらったり、ヨット部の話を聞かせてもらったりもしました。ランサマイトがいたヨット部というのは貴重ですよね(そうでなくてがっかりした話はいくつか聞いたことがあるので)。部員募集のポスターに「帆船じゃなきゃだめなんだ」と書かれていたとは、なんて素敵なんでしょう!

おいしい料理を食べて、好きな本をいろいろ読めて、店主さんとお話しできて、楽しい時間を過ごせました。近くだったらしょっちゅう通いたいぐらいなのでぜひ行ってみてください! 私もまた機会を見つけて行きたいです。

| | コメント (1)

2022年7月25日 (月)

山梨旅行(2日目)

泊まった部屋からの富士山の眺め。盆地だから手前の山に遮られるのが残念ですね。
Img_20220630_065430_400
宿の売店で買ったおみやげや夕食時のドリンク代を、ブロック割でもらえるクーポンで支払ってお得気分。
この日も猛暑なのでハーブ庭園など外の予定はやめて、建物内をメインに。
まずはワイナリー見学。コロナ禍で見学中止のワイナリーも多くて(7月1日=旅行の翌日から再開のところも)、予約なしで無料か安く見学できるところを事前に探すのが大変だった~。ガイド付き有料コースはまだやってない時間なので無料で見ました。(無料コースだとワインセラーには行けないのが残念)
Img_20220630_090629_400
ドライバーに遠慮せずちょっと試飲も。外壁工事中で足場が邪魔だけど、街をよく見降ろせます。
Img_20220630_092047_400
入口上にあったステンドグラス。
Img_20220630_093011_400
次に最近できたというシャトレーゼマルシェへ。販売の他にできたてのお菓子を買って2階の席で食べたりできます。しぼりたてモンブランを誕生日ケーキのつもりで食べました。中は最中に入ったバニラアイスなので見た目より軽め。おいしかった!
Img_20220630_101300_400
それから信玄餅テーマパークへ。ここもコロナ禍で中止してた工場見学が翌日から再開なのが残念。アウトレットでわけあり信玄餅や桃を買って、正規品の売店でビスキュイなど買い、信玄餅ソフトクリームを食べて、と買ったり食べたりばかり。
本当は桃農家のカフェも行きたかったのだけど、それも7月からのところが多くて、フルーツは買って帰ればいいからとJAの販売所を探してプラムを購入。サクランボが終わってブドウはまだシャインマスカットだけ、桃も出始めという、フルーツにはやや半端な時期でした。でもフルーツ狩りの予約などしてなくてよかった~。この暑さの中だと倒れてしまいそう。

そして最後に寄ったのが勝沼インター近くのトンネルワインカーヴ。廃止されたトンネル内にワインを保管しているところです。写真を撮り損なって残念な「ワインカーヴ驛舎」(旧字体が素敵♪)と表示された管理棟に申し出ると、見学させてもらえます。管理人さんがなんとダウンの上着を持って出てきて、トンネル入口の鍵を開けて照明をつけてくれました。
Img_20220630_121949_400
中はひんやり涼しいというか寒いぐらいで、外の猛暑とは別世界。トンネルの奥の方は周辺のワイナリーの保管庫、手前の方は保管棚を一般の人に貸し出しています。契約者でなければこの先には行けませんが、ここから見るだけでも十分面白くて印象深かったです。
Img_20220630_121720_400
ワインカーヴと向かい合わせにもうひとつ、大日影トンネルがあります。以前は中を歩けたけど、現在閉鎖中。再開のための補修工事が計画されているようです。
Img_20220630_122009_400
後から知ったのだけど、トンネルをのぞくと反対側の出口の光が見えるらしい。そこまで見なかった…。再開されたら歩きたいですね。
Img_20220630_122033_400
高速に乗ってサービスエリアで遅い昼食を軽く食べ、家に帰ってきて夕食に宅配寿司をとって誕生日祝いをしました。

| | コメント (0)

2022年7月21日 (木)

山梨旅行(1日目)

山梨の石和温泉に泊まる旅行、もともと1年半前に計画したけどコロナ感染拡大でGoToトラベルが中止になってキャンセルしたものを、今回山梨県のブロック割を利用して行ってきました。計画時は梅雨の心配をしていたのに、梅雨が早くに明けて暑くなり、猛暑日予報に恐れをなしながらの旅行となりました。

初日は昇仙峡へ。Google Mapでナビして行ったら、ややマイナーなルートを通らされたような。高速道路の出口ひとつかふたつ先まで乗って料金余計に払った上に住宅地を通るような道で。まあその結果、昇仙峡の川沿いの道(平日一方通行、土日車両通行止めの細い道)を通ることになって、わざわざ歩いては行かなかっただろう奇岩の並ぶところを車の中からとはいえ見られたので、結果オーライでした。

仙娥滝のそばの食堂でまずは昼食。暑い日だけど山梨ではやっぱりほうとうです。よく見るとナルトが富士山ですね(下向きになってますが)。もつ煮込みも少し食べました。

Img_20220629_125125_400

そして渓谷へ。水辺で木陰だと快適です。初めて来たけど、岩が織りなす景色が素晴らしかった~。
まずは仙娥滝。

Img_20220629_133128_400

そこから遊歩道を進みます。覆いかぶさるような岩。岩の隙間にあちこちコインが差し込まれていました。

Img_20220629_133320_400

覚円峰。

Img_20220629_133416_400

石門。写真ではわからないけど、右の草のところに少し隙間がある。

Img_20220629_133933_400

石門の反対側。こっちは岩の分かれてる様子がよく見えます。上の岩は反対面と違って凹凸してますね。

Img_20220629_134903_400

浮石。たしかに浮いているように見えます。

Img_20220629_134131_400

その先の長田円右衛門の碑のあたりから安全のため通行止めになっているので、引き返しました。
売店で信玄餅アイスを買いたかったけど売り切れで諦め、ロープウェイへ。山上のパノラマ台駅から荒川ダムと能泉湖が見えました。

Img_20220629_142556_400

駅を出てすぐの浮富士広場から、見事な富士山が見えました。暑いとはいえ、梅雨が明けててよかった~。

Img_20220629_142715_400

この後、左の方の展望台へ。白い砂の岩場で滑りやすいところを気をつけて歩いて行ったけど、展望台からは富士山は木に隠れて見えない(^^;;  甲府盆地の眺めはよかったですが。その後行った反対側の富士山遥拝所やうぐいす谷のほうが足元の心配がなくて南アルプスも見えてよかった。

駅に戻ってシャインマスカットソフトクリームを食べて一息ついて、ロープウェイで下山。

仙娥滝駅の隣のワイン王国の前にこんな長~いリムジンがありました。近づいてたら、通りがかった係の人に「反対側から乗れるのでどうぞ」と言われました。

Img_20220629_151139_400

開いてるドアから中を見たらこんなふうになってました! スリッパも用意されてました。乗らなかったけど。

Img_20220629_151209_400

ここでもう15時を過ぎたので、宿に向かうことに。今度は走りやすいグリーンラインから、峠道を通って甲府駅近くへ行く、たぶんこっちが一般的であろう道を行きました。計画時には武田神社にも寄ろうと思ってたけど、暑いのでパス。昇仙峡も結構暑かったけど、甲府の市街地はそんなもんじゃなくて予報通り38℃! 宿について車を降りたらその暑さにもうびっくりでした。

でも宿の中は快適♪ 温泉に入って、ズワイガニ&アワビ煮貝&和牛すき焼き付きの会席料理でお腹いっぱい!

Img_20220629_183715_400

宿のマークが「光のしるし」♪

Img_20220629_204942_200

 

 

| | コメント (0)

2022年6月19日 (日)

さだまさしコンサート「孤悲」

さだまさしコンサート@東京国際フォーラムに行って来ました。横浜公演が9月の自分の演奏会前日で行けないので、チケットがまだ残っていたこちらに行くことにしたのでした。(コロナ以前はツアーの初め頃の5月頃に相模大野に来てくれてたのだけど、コロナ禍での中止で時期がずれてしまって、今年は3月にアコースティックコンサートだったので、このツアーは来なさそう。)
実家に寄ってから行き、早く着きすぎたかと思ったけど入場に行列、グッズ購入に行列したので、まあいい時間でした。

新アルバムの曲はもちろん、それ以外の選曲も素晴らしかった! エレキギターに盛り上がり、懐かしい曲にうれしくなり、反戦の歌2曲が胸に染みました。
Img_20220617_224801_400
「あ、さだ飴」の檸檬味が出ました。そりゃあレモンじゃなくて漢字だよね。
ドラマのポスターはこの日の23時情報解禁というのを、ちょっとフライングで見られました。
Img_20220617_203613_400

「キーウから遠く離れて」を作るきっかけとなった動画はこれなんですね。
BBCはフォローしてるのにその時に見た記憶がないです…。でも前知識なしに3月の相模大野で生で最初に(生さだより先に)聞けてよかったとも思います。今週NHKの「うたコン」で広く聞いてもらえたのもよかったです。

| | コメント (0)

大竹英洋写真展

大竹英洋写真展「ノースウッズ 生命を与える大地」@三軒茶屋キャロットタワーに行ってきました。
友人からタイムリーな情報を得て、検診で出かけたときに(ついでというには全然近くない場所だけど)足を延ばしてきました。

昨年2月教文館ナルニア国での写真展&トークイベントのお知らせで「ノースウッズってどこなんだろう?」(=アメリカからカナダに広がる原生林)と気になってたけど逃してしまって、6月に冒険研究所で写真集を見てさらに気になって(でも分厚くて高くて買えず)、12月に福音館書店による写真絵本「もりはみている」出版記念のトークイベント配信をアーカイブで(しかも期間延長の末)やっと見られて、もっと詳しく知りたいと『そして、ぼくは旅に出た』を読んで、さらにその旅の成果である写真絵本をいくつか読んだ、という次第。

野生動物の写真はもちろんのこと、写真以外の展示物や環境音も興味深くてすごくよかったです。本を読んでから何か月か経っているのでテントに起きたできごとは忘れてるけどそのものを見られてよかったし、本を読んだ時もそうだったけど環境音を聞いたらディックの気持ちになれました。
Img_20220614_143832_400

| | コメント (0)

2022年5月12日 (木)

鎌倉切通し散策ラスト

鎌倉切通し巡りのラスト、朝夷奈切通しに行ってきました。来週の予定だったけど、この後雨が続くと歩きにくくなるので、仕事に余裕があって天気のいいうちにと。梅の時期に行くことも考えてたけど、花粉がきつい頃だったし、大河ドラマがもう少し進んでからと思ったのでした(そしたら展開の重さにやられそうになった…)。

まずは舵屋というお店でサーモン三色丼。今シーズンは、相模湾でしらすが全然取れてないらしく、冷凍を使わないこの店では生しらすは無しでした。他の店で「生しらすあります」と出ていたところもあったから、食べたかったと言えばそうだけど、この店のこだわりも良いです。
Img_20220511_112731_400
バスで十二所神社の停留所まで行って、旧道に入っていきます。小川が脇を流れる道。暑さが心配だったけど、山の中の木陰で水辺なので心地よかったです。
Img_20220511_122816_400
右は十二所果樹園、左が朝夷奈切通し。梅の名所という果樹園方向の道は結構な上りに見えました。
Img_20220511_122942_400
ここで地図を見て、あれ?大刀洗水を見落とした?と少し戻りました。梶原景時が上総介を切った大刀を洗ったという水…。うう、ドラマでものすごくショックだったところ…。
Img_20220511_123402_400
気を取り直して、切通しの看板のすぐそばの、三郎の滝。この切通しを一夜で切り開いたと言われる朝比奈三郎にちなんだ名前です。実際には北条泰時の監督下で工事が行われたらしいですが。
Img_20220511_123457_400
ここから切通しを上っていきます。
Img_20220511_123023_400
道の真ん中を水が流れる階段状の坂で、ぬかるむところもありました。雨の直後には来ない方がいいですね。傾斜としては、もろに階段だった大仏切通しや名越切通しより楽。 逆ルートで歩くほうがいいという記事も見たけど、これを下るほうがすべりそうで嫌だな。
Img_20220511_123531_400
Img_20220511_124524_400
大切通しの摩崖仏。それほど古い時代のものではないという記事をどこかで見たような。
Img_20220511_125001_400
石碑に「神奈川縣」「横濱」とあったのでここから横浜市なのでしょう。
Img_20220511_125125_400
下りになって熊野神社へ行く道との分岐点。右端に緑のフェンスが見えるのが、昨年末まで台風被害のために通行止めにしていた名残りです。
Img_20220511_125506_400
熊野神社。石段を頑張って上りました…。
Img_20220511_125959_400
拝殿があって、さらに石段を上ったら本殿がありました。ウグイスなどの声だけが響く静かな場所。この木をはじめ、名木に指定された木がいくつかありました。
Img_20220511_130411_400
上から見下ろすとこんなふう。石段を下りていく途中に…
Img_20220511_130819_400
ヘビがいました~!どいてくれないので困って、柵の切れ目まで少し上って反対側に行って避けたら、するすると去っていきました。
Img_20220511_130852_400
このきれいな色の虫を何度も見かけました。ハンミョウなんですね。別名ミチシルベというとおり、道案内してくれるように前へ前へと飛んでいきました。
ヒヨドリ大の茶色い鳥のつがいも見たのだけど、シメだったのかなあ。
Img_20220511_130958_400
元の道に戻ると、横浜市側の道は乾いていて歩きやすかったです。土嚢が敷き詰められているのは、台風被害からの修復なんでしょうね。
Img_20220511_131844_400
小切通し。
Img_20220511_132027_400
現実に引き戻される、横浜横須賀道路が上を通ります。コロボックルの国の危機を招いた道路がこれだと思う。
Img_20220511_132357_400
道祖神が並んでいました。
Img_20220511_132523_400
そのすぐ先で切通しは終わりです。
Img_20220511_132559_400
住宅地からバス通りに出て少し歩くと、上総介の石塔(墓ともいわれている)がありました。
Img_20220511_133215_400
次のバス停のところには、鼻欠地蔵という大きな摩崖仏がありました。鼻欠というか顔が欠けているような?
ここから金沢八景駅に出るか、大船駅行きのバスもあるようなのでそれもいいかもと少し思ったけれど、結局鎌倉駅に戻るバスに乗りました。日なたのベンチでバスを待ってる時が一番暑かった~。バス道路もカーブだらけの結構な山越え道で、その左手の林の中を歩いたんだなあと実感できてよかったです。
Img_20220511_134115_400
鎌倉駅の西側の御成通りの和カフェで抹茶ティラミスとコーヒーで休憩。オーダーが忘れられたみたいでずいぶん待たされたけど、ゆっくり休めたから無問題。
Img_20220511_145627_400
御成通りには以前いろんな武将の名前の幟が掲げられててわが地元の渋谷重国のもあったようなのだけど、今は大河ドラマの北条義時ばかりでした。
Img_20220511_150850_400
大河ドラマの紀行で紹介された影響もあるのか、平日の山道なのに全部で十数人ぐらいすれ違ったり追い抜いたりしました。駅前や小町通りなどは修学旅行や遠足も含めて平日なのにそこそこの人出で、週末はどれほど混んでいることか。切通し巡りはこれで完了したので、今後は状況を見ながら混んでなくて行きたいところに行けたらいいなと思います。この日は全部で15000歩でした。

| | コメント (2)

2022年5月 5日 (木)

ヤマネコ号相模湾クルーズ

5月2日、相模湾を逗子マリーナから三崎港まで帆走してきました!
沼津まで何度も乗りに行ったことがある帆船Ami号(ヤマネコ号)がGWに東京湾に来る、しかも逗子マリーナにも寄るというので、演奏会前の忙しい時ですが乗りに行ってきました。演奏会のイメトレも兼ねたかも? 頭の中をこの曲が回っています。
     ♪青い空高く帆を上げて 水平線のかなたを目指せ♪
     ♪人生は冒険だ 地図はないけれど 宝物探そう 
       信じてコンパス・オブ・ユア・ハート♪

昨年12月に鎌倉切通し巡りの時にたまたま近くまで行った逗子マリーナから船に乗ることになるとは、なんという巡り合わせ。知っている場所を海から眺められて面白かったです。フルセールで帆走、とても楽しい一日でした。エンジンを止めて風だけの力で、船首が波を切る音を聞きながら進むのは至福のひと時でした。
******
当日早起きしてだいたい用意をしてからFacebookを見たら、出航時間を10時にするというお知らせが出ていて(前夜私が寝てからアップされたようでした)、あわてて一緒に行く人たちに乗るバスの時間の変更を連絡。ゆっくりになったおかげで曇ってた空もだんだん晴れてきて、絶好の帆走日和となりました。(なのに用意してあった日焼け止めを持ってくるのを忘れてキオスクで買うことに…)
ヤマネコ号@逗子マリーナ。船は見えててもマリーナ入り口がどこかちょっとうろうろしましたが、無事入れました。
Img_20220502_093218_400
マリーナの管理棟内はこんな素敵なところ。
Img_20220502_093857_400
いざ出航!
Img_20220502_100941_400
江ノ島を見ながら進みます。
Img_20220502_101151_400
イルカを見ました! セールを上げる作業をちょっと中断してみんなでしばらく見てました。
Img_20220502_104642-2_400
フルセールです♪ 
Img_20220502_105749_400
「練習中」を示すUY旗を上げました。ただ、見た人が意味を分かってくれるのかが問題(^^;;
Img_20220502_112546_400
江ノ島の向こうにあるはずの富士山は雲の中。でもそこまで贅沢は言いません。
このあたりを何度かタックして往復しました。
Img_20220502_113713_400
美しい木造ヨット!  木造船が2隻並んで走るという、なかなかない体験。
Img_20220502_113926_400
地元の相模湾で帆走しているというのがなんともうれしいです。
Img_20220502_114727_400
同じスピネーカーの3隻が並んで走ってました。
Img_20220502_120911_400
昼食はスパゲティミートソースとサラダ。おやつにはコーヒーとフルーツとどら焼き。おいしかったです! コーヒーが風で冷めるのが早くてびっくり。
Img_20220502_123645_400
Ami号には他の船が(興味を持って近くで見ようと)寄ってくると船長が言ってました。
このかっこいいクルーザーが私たちの写真をSNSに上げてくれないか期待したのだけど見つかりません。目印&話題になるからと海賊旗を上げようとして何かの都合で立ち消えになったのが悔やまれます。
Img_20220502_130049_400
三崎港に向かってエンジンもかけて進み始めたら、風やスピードのせいもあるのか結構揺れてきて、ちょっと酔いそうになった時も。遠くの一点を見て深呼吸して乗り切りました。(この頃江ノ島あたりでにわか雨が降ったらしいです。下の写真の空はたしかに少し怪しい気配がします。)
観覧車が見えたのは、ソレイユの丘だそうです。2月に菜の花が満開というニュースの背後の海に帆船シナーラが写っていたのを見た場所です。その時のシナーラのようにヤマネコ号も見えていたかなあ。
Img_20220502_151433-2_400
白い建物が並んでいるのがシーボニアですよね。小網代湾、油壷など以前ARCで行ったことを思い出します。
Img_20220502_152639_400
三浦半島の先端まで来ました。
Img_20220502_153911_400
緑のブイと…
Img_20220502_154700_400
赤い灯台を通り…
Img_20220502_154818_400
入港しました。
Img_20220502_160136_400
ゲストバースに着岸しました。
Img_20220502_160655_400
楽しい航海でした!  どうもありがとうございました! 翌日以降、ARCの別のメンバーが乗ります。
Img_20220502_164443_400
三崎口駅は「三崎マグロ駅」になっています(^^) おみやげにマグロを買いました。
Img_20220502_171110_400
この日に江ノ島に行ったという友人からにわか雨のことを聞いてびっくりしました。その頃は三浦半島先端に向かってエンジン併用で進んでいて雨雲には追い付かれなかったようです。雨雲レーダーを見たら、きわどいところでした。風が強くなって寒くなり、船も揺れてちょっと辛かったですが、降られなくてよかった~。
Screenshot_20220504073116-2_400

| | コメント (0)

2022年4月28日 (木)

江ノ島ディンブラと龍口寺

4月22日、家族の昼食が珍しく不要となって、紅茶店ディンブラ(藤沢から江ノ島に移転)の営業日に出かけられる!(私が出かけやすい火水が定休日)というわけで、箱根に行った直後だけどこの機会を逃さず仕事が入る前に行ってきました。
片瀬江ノ島駅を出ると川の向こう側に見えて来ます。藤沢と違って観光客のテイクアウトが多そうなロケーション。
Img_20220422_122021_400
Img_20220422_121849_400
フードメニューはホットサンド、ワッフル、ケーキなど。平日限定のホットサンド&ワッフルサンド、ワッフル食べたいけどランチに甘いのだけでは…という悩みを解消してくれてうれしいセットでした。紅茶はカップだけど、たっぷり入ってて満足でした。次いつ来られるかわからないので、茶葉やスコーンも購入しました。(誰かに誘われたら都合をつけていつでも行きます!)
Img_20220422_114925_400

その後、海辺は混んでそうだったので、モノレール駅のほうへぶらぶらと歩いていきました。江ノ電が道路に出るところ、乗ってることはあっても道から見るの初めてかも。
Img_20220422_123604_400
その近くの龍口寺に行ってみました。日蓮が処刑されそうになった刑場跡に建てられた寺で、日蓮が入れられていたとされる土牢がありました。本堂の天井に龍の絵がありました。
Img_20220422_130227_400
本堂の左手裏の階段を上ると右方に五重塔と左方に仏舎利塔の看板。先に五重塔の方に行ったら中腹に下る途中にあるのだったので、後にすればよかった。
五重塔をやや上から見た珍しいアングル。
Img_20220422_124834_400
ここまで下りてまた上りました。
Img_20220422_124928_400
あとで下から見ました。本堂右のこの道から上ればよかった…。
Img_20220422_125941_400
仏舎利塔のほうは丘のてっぺん。海も富士山も(半分雲に隠れてるけど)見えました。
Img_20220422_125334_400
白と金のまぶしい仏舎利塔。これは下から見えそう。
Img_20220422_125446_400
下りてきて寺を出てから、モノレールの上方に見えることを確認しました(^^)
Img_20220422_131159_400
帰ってから夜には冒険研究所書店へトークイベントを聞きに行きました。山本直洋さんのモーターパラグライダーでのキリマンジャロ空撮の報告会。幾多のトラブルを乗り越えて何とか撮影でき、その後登山もしたとのことでした。
1月の写真展の時は写真集を買ってサインしてもらったけど、その時から気になっていた絵本があったので今度こそと買いました。文章を書いた人のつてで、さださんに推薦文を書いてもらったとのこと。七大陸最高峰の空撮の最初がキリマンジャロというのも何かの縁のようだと言っていて、収益の一部が風に立つライオン基金に寄付されるそうです。まあ寄付は直接何度もしているけどね。
Img_20220422_215526_400
前回この↓帯の文を見て「ああ、あの話ですね」と言ったら「有名な話なんですか?」と聞かれたので、「まあファンなので…そういう歌もあるんです」と説明したのでした。「夜間飛行」とか「虫くだしのララバイ」に出てきます。ラジオで話してたこともあるかも。
Img_20220422_215540_400
というわけで、箱根でそこそこ歩いた翌日に龍口寺で丘を上り、夜には自転車で出かけ、そんなに疲れてないと思ってたけどその後数日体が重くてしんどかったです…。

| | コメント (0)

箱根旅行(2日目)

2日目。温泉にもう一度入ってから、湯葉とろご飯や揚げパンもある朝食を食べてチェックアウト。
すぐ近くの箱根湿生花園に行きました。入り口近くではヤマブキの花がきれい。

Img_20220421_100025_400

ミツバツツジやシャクナゲもきれい。

Img_20220421_091609_400

カタクリの花も! 以前どこか(厚木の方?)に見に行ったことがあるような。

Img_20220421_092116_400

説明板があちこちにあるのがありがたい。昨日の恩賜箱根公園では、QRコードでアクセスするようになってて、面倒で少ししかアクセスしなかった…。簡単な説明だけでも書いておいて欲しかったなあ。
ヤブレガサ、今回覚えました。

Img_20220421_092248_400

このミズバショウはミニサイズだったけどちょうど見頃でした。これは大きくなるのかなあ。カエルの声が近くで聞こえてたけど姿は見えず。

Img_20220421_092800_400

その周りを見たら花のほぼ終わった大きなミズバショウがそこらじゅうにありました。乗鞍で5月連休に見たことがあるけど、ここはそれより早いんですね。かなりの群落なので花の時期に来てみたいものです。

Img_20220421_094842_400

園内をぐるっと回りました。桜も咲いていました。

Img_20220421_094701_400

入口近くの展示場にエンレイソウ(Trillium smallii)がありました。花(ではなくてガクなのだけど)が本当にすごく小さいんだなあ。

Img_20220421_091814_400

そして散策路の途中にはオオバナノエンレイソウ(Trillium camschatcense)。これが咲いている時に来られてよかった~。
実際に見てみたら、カナダのトリリアムはこれより花がもっと大きかったような気がしました。

Img_20220421_094932_400

というわけで比較のためにカナダのトリリアム(オンタリオ州の花、Trillium grandiflorum)の写真はこちら。
花の大きさも、葉の形も違いますね。

Img_20220421_094933ref_400

この時期のいろいろな花を楽しめてよかったです。また違う時期の花も見に来たいものです。
この日は車から富士山も何度か見えました。
その後小田原に行って、かながわ旅割のクーポンが使えるお店でうな重を食べました。これをどーんと二千円引きという、クーポンの効果的な使い方をして大満足。

Img_20220421_120954_400

そしてTOTOCOやいつもの山安で買い物をして帰りました。

| | コメント (0)

箱根旅行(1日目)

4月20日~21日に箱根に行ってきました。かながわ旅割が実施されるなら利用しなくちゃということで、今回はエリアによる割引額の差がないので箱根にしました。以前母を連れて行った時にもうひとつの候補だった宿を今度は選びました。

朝少し雨が降っていたけど出かけるころには止んで、箱根に近づいたころには陽も差してきました。標高が高くなるとガスって来たりもして、全体的にはまあ曇り。

前回昼食を食べたふじみ茶屋で今回もと思って下調べしたら、なんとハンバーガーや富士山フィナンシェなどのカフェに変身しててしかもこの週は貸切で入れないことがわかりました。それで乙女峠から箱根に入って看板を見つけた蕎麦屋さん「座りや」へ。十割そばに筍やふきのとうなどの天ぷらがおいしかったです。

Img_20220420_115426_400

駐車場から見えた木にたくさんある丸い塊はヤドリギ?

Img_20220420_121432_400

恩賜箱根公園へ。芦ノ湖のあたりは桜がちょうど見頃でした。

Img_20220420_135809_400

Img_20220420_125056_400

トンネル状に作ってある、枝がちょっと南国的な雰囲気のこれは何?と思ったらアセビだったので驚きました。こんなに大きくなるんだ~。少しだけ花が残っているのを見つけたらたしかに馬酔木の花でした。

Img_20220420_125218_400

ミツバツツジもちょうど見頃。

Img_20220420_125559_400

湖畔展望館。函館にありそうな建物。

Img_20220420_131040_400

バルコニーからの展望。富士山が見たかったな~。

Img_20220420_130919_400

園内のあちこちにたくさんアセビがありました。少し花が残っている白と新芽の赤がきれいでした。花の盛りの時にも見てみたい。

Img_20220420_131133_400

枝垂桜が美しい~。

Img_20220420_131743_400

ひめしゃらの林。

Img_20220420_132404_400

マメザクラが満開。

Img_20220420_133942_400

湖畔の探勝路は健脚向けと書かれていて、たしかに階段が結構ありました。ただ回り方がラッキーだったのか、下りの方が多かったような。
この公園は無料で駐車料金も安く、いろいろな花が見られてよかったです。

Img_20220420_134236_400

その後、宮城野へ。早川沿いの桜並木が有名だということを今年友人が行った写真を見て知りました。ソメイヨシノはもうほぼ葉桜でしたが、少し歩いたところの枝垂桜が見頃で、この週いっぱいライトアップもされてるようでした。

Img_20220420_143744_400

これを見て満足したのだけど、この先に並木が続いていたようで、ちゃんと歩けばよかった。車からはバッチリ見たのでまあいいのだけど。

Img_20220420_143752_400

仙石原の宿に行って、温泉につかり、肉巻きアスパラガス丸一本揚げやカニもあるビュッフェ形式でお腹いっぱい食べました。

| | コメント (0)

«カスタネット