2023年1月18日 (水)

星野道夫写真展

星野道夫写真展に昨日行ってきました。会期終わり近くになってしまったけど、行けてよかったです。
Img_20230117_141601_400
今までにも本を読んだり写真をいろいろ見たりしてきたけど、生誕70年のこの展示では、さまざまな出会いを通して視野を広げ、思考を深めていった流れがわかりました。そしてその中で、新たな探索のためにシベリアに渡ったのですね。それが未完に終わったのが本当に惜しい…。
Img_20230117_135744_400
Img_20230117_135803_1200
(地図は拡大できます)
先月見たNHKワイルドライフを思い出してカリブーの大移動に思いをはせたり、ネットニュースで知った26年ぶりに見つかったというパノラマカメラの実物と現像の結果も見られました。
ワイルドライフでは大竹英洋さんが案内役だったのでうれしかったですが、この写真展関連で大竹英洋さんと星野直子さんの対談イベントも行われたようで、もっと早く知っていれば行きたかった…。

星野さんの文章、言葉は本当に深くてすごいですよね…。大自然にたったひとりで向き合っているとこんなに哲学的になるのか。
最初に知ったのは週刊朝日の連載だったのだけど、実家で父が買ってたものを読んだのだと思っていたら、年表で1989年とあったのでカナダで皆で回覧して読んだのだったようです。

絵葉書とパノラマ写真のしおりを買いました。パノラマ写真は、展示されてたパノラマカメラで撮って当時発表されたものでしょうね。
Img_20230118_132443_400
帰ってから、持っている文庫本(2003年横浜高島屋での写真展で買ったようでチケット半券が挟んであった)を出してきたり、星野さんのことを歌ったさださんの「白夜の黄昏の光」を聞きたくなってCDを出してきたりして余韻に浸っています。
(この歌は、山本健吉氏が「君はもういなくなってしまった大切な人を歌うことに長けている。それは“挽歌”といって日本の詩歌の大切な伝統なんだ。だから君はそれを続けなさい」と言ったのをまさに体現しているものですね。)
Img_20230118_215041_400
余談ですが、このCDのツアーコンサート(1998~99年)は私が毎年のようにさださんのコンサートに行くようになった始まりの、夫と行った県民ホールでのコンサートでした。その十年以上前に2回、デビュー10周年のアンコール公演と札幌コンサート&スキーツアーに行ったことはあるのだけど。「白夜の黄昏の光」の紹介のトークの影響で、その後星野道夫の本を借りてきて読んで、あの週刊朝日の連載の人だったんだと認識した次第。
さらに余談ですが、このコンサートではすごくマイナーだけど大好きな「あこがれ」が聞けたと日記に書いてあって、3回目のコンサートでそんな得難い体験をしたのかと今さらながら驚きました。また生で「あこがれ」を聞きたいものです。

| | コメント (0)

2023年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
ほぼ快晴の年明けでした。東の地平に雲はあったのだけど、建物より低いところだったので日の出の見え方には問題なしってことで。

5時半に起きて6時頃に公園に行って、曙の空にいくつか星(レグルスやアークトゥルスなど)が残っているところから見ました。月も惑星も全部夕空に行ってて惑星パレードが見られたりするのはうれしいけれども、今朝の空としてはちょっと物足りなかったですね(欲張り)。
Img_20230101_062140_400
富士山山頂に陽が当たっていく様子。これが大好き。
Img_20230101_064752_400
Img_20230101_065038_400
Img_20230101_065206_400
Img_20230101_065417_400
丹沢に陽が当たり始めたところで、移動して初日の出。
Img_20230101_065811_400
Img_20230101_065936_400
その後赤く染まった山々。
Img_20230101_070135_400
帰ってきてからテレビで毎年恒例ダブルダイヤモンド富士初日の出のおみくじ。
Img_20230101_080839_400
Img_20230101_080858_400
年越しはジルベスターコンサートの新世界第4楽章のカウントダウンで迎えました。吹奏楽でもオーケストラでもソロを吹いた思い出の曲なのでうれしかったです。

| | コメント (0)

2022年12月27日 (火)

惑星パレード

6月に明け方の空で月と惑星全部が集合した惑星パレード、この時は午前3時ごろに家から南の空の土星木星火星と、ドキドキしながらコソコソ外に出て東の空の月と金星と水星を見ました。12月末には今度は夕空に集合してくれたので、公園に行ってしっかり見られました。

水星と金星。(写真は全部拡大できます。)
Img_20221227_172008mark_1200

太く写ってるけど月齢4の月から、土星、水星、金星。
Img_20221227_172700mark_1200
木星と月と土星。
Img_20221227_172918_1200
火星。
Vid_20221227_171635-frame-at-0m21s_1200

双眼鏡で海王星と天王星のあるあたりも探してみて、公園では見えなかったけど、家に戻ってもう少し暗くなってから見て、その中のどれかがたぶんそうなんだと思ってコンプリート。その2つはともかくとして、西の空から東の空まで見渡して月と全部の惑星が見えたのは素敵でした。

| | コメント (0)

鎌倉紅葉散策

紅葉が見頃の時期になってから仕事が忙しくなったのがやっと一段落した12月16日に、鎌倉散策に行ってきました。
昨年行った場所がほとんどだけど、浄智寺→長寿寺→亀ヶ谷切通し→岩船地蔵堂→海蔵寺→英勝寺→寿福寺と回りました。まだ紅葉が残っていてよかった~。全然混んでない場所ばかりだけど、昨年よりは人がいたかも。
藤沢でクレジットカードのポイントを使ってランチを食べたら、キャンペーンで商品券が当たってラッキー♪ その後JRで北鎌倉へ。
浄智寺(外からだけ)
Img_20221216_123143_400
Img_20221216_123346_400
長寿寺(先週で公開日が終わったので今年も外から)
Img_20221216_130104_400
Img_20221216_130300_400
亀ヶ谷切通し
Img_20221216_130713_400
岩船地蔵堂(昨年は素通りしたけど今回は大姫の守り本尊にちゃんとお参り)
Img_20221216_131003_400
海蔵寺へ行く道は本当に素敵。
Img_20221216_131621_400
海蔵寺
Img_20221216_132411_400
Img_20221216_132021_400
Img_20221216_132300_400
英勝寺(昨年は休みの日だったけど今回は入れた。花の季節にもよさそう)
Img_20221216_133355_400
Img_20221216_133403_400
Img_20221216_134322_400
寿福寺(北条政子と実朝の墓を昨年も見たけど今年は心持ちが違う)
Img_20221216_140525_400
Img_20221216_140626_400
その後江ノ島のディンブラに定休日じゃない日に行ける機会は貴重なので江ノ電で行って休憩。チーズケーキが終わってたのでマサラチャイプリンを食べて黒豆スコーンを買って帰りました。
最後にこの日の富士山3連発。
昼前の藤沢駅通路から(上にはうっすら月も)
Img_20221216_112038_400
3時過ぎの江ノ島から
Img_20221216_153125_400
そして夕暮れ時の地元駅前から。
Img_20221216_161726_400
鎌倉は大河ドラマを見て行きたい場所もあるけど今年は混んでると思って避けたので、年が明けて混雑も落ち着いたらいろいろ行こうと思います。

| | コメント (0)

2022年11月10日 (木)

京都旅行(5終)

最終日はまたよく晴れた中、紅葉の名所の東福寺に行きました。普通の観光と思いきや、実はここも『科捜研の女』の劇場版のロケ地なのです(^^)。劇場版はまだ見てないけれど、テレビで放送されるときのための予習として行っておくことにしたのでした。

ホテルをチェックアウトして京都駅のコインロッカーに荷物を置いて、JRで東福寺へ。
まず入ってすぐの臥雲橋からの通天橋の眺め。紅葉はまだごく一部で、全部紅葉したらどんなに素敵かと思いながらも、まだすいている時期の朝イチにゆっくり見られてよかったです。この先の拝観受付付近に、これからの大混雑で使う仮設テントや行列整理用具などが準備されているのを見て、ご苦労様です~と思いました。
Img_20221028_085113_400
通天橋から見た方丈。
Img_20221028_090306_400
愛染堂。
Img_20221028_090931_400
通天橋からの先ほどの臥雲橋の眺め。
Img_20221028_091310_400
方丈の南庭。
Img_20221028_093039_400
西庭。
Img_20221028_093123_400
方丈からの通天橋の眺め。
Img_20221028_093150_400
北庭。
Img_20221028_093324_400
東庭。円柱の石が北斗七星の形に並んでいます。
Img_20221028_093616_400
本堂。
Img_20221028_094558_400
三門。特別公開中で、私だけ拝観しました。上からの景色も含めて一切撮影不可。釈迦如来像、十六羅漢像、天井画が素晴らしく、ガイドの方もいて説明をマンツーマンで聞けたので、拝観料千円の価値はありました。
Img_20221028_100242_400
その後、泉涌寺へ歩いて行きました。皇室ゆかりの寺らしいです。と言ってもここが目的ではなく、さだまさしの『鳥辺野』という歌の舞台がこの近くの山道だというのです。ライナーノーツに「今熊野の剣神社から御寺泉涌寺までの山道」と書かれてあり、地図で調べたら東福寺から歩けそうなので行ってみようかと思ったのでした。
Img_20221028_102827_400
しかし、泉涌寺からその山道への入り方がわからない(^^;;  泉涌寺道と呼ばれる参道の一本山側の鳥辺野陵の前の道なのだろうけど、道の分岐が複雑だったり、スマホで地図を見ても高い木で囲まれていてGPSの精度が低くてどの道を行ってるかわかりにくかったりで、何度か行ったり来たりした挙句、結局諦めました。後で地図をもう一度よく見てみたら、今熊野観音寺の看板があったところがその寺の入口自体だと思って入らなかったけれど、実はその寺へ行く道であって、その道を少し進んでからまた分かれ道を行くのだったようです。剣神社側からだったらもう少しわかりやすかったかもしれないですが、まあ仕方がない。自然の豊かな静かな場所の雰囲気を味わえただけでも収穫でした。いつかまた挑戦できればと思います。

泉涌寺道をバス通りに出て、まだ時間があるのでバスの本数も多い東寺へ行きました。観光バスもいっぱい止まっていて、観光地に戻ってきた~と思いました。中には入らず、五重塔や紅葉を眺めて楽しみました。
Img_20221028_112702_400
Img_20221028_113212_400
近鉄に乗って京都駅に戻り、地下街ポルタで昼食を食べました。行列している店が多い中、鉄板焼きの店にすぐに入れたのは、もしかしてクーポンが使えなかったのかな。
夫が喫煙場所を探すので外に出たら、京都タワーの真下でした。
Img_20221028_124610_400
この後駅ビルでおみやげを買って14時過ぎの新幹線に乗って帰途につきました。シンカンセンスゴイカタイアイスを食べて満足。富士山は雲に隠れてて一瞬山頂がチラッと見えただけだったのに、地元まで来たら雲の下に全景くっきり見えてました…。

こんなわけで好天の下、予定してたことはほぼできて予定になかったところにも行けて、大満足の旅ができました。私が京都に行ったのは、何度か言及した中学の修学旅行と大学卒業の春休みの旅行(どちらも京都・奈良)以来の3回目でした。奈良には他にたぶん3回行っているのだけど、意外に行ってなかった京都を今回独自の切り口(^^)で見て回ることができて面白かったです。

| | コメント (2)

2022年11月 9日 (水)

京都旅行(4)

地下鉄から嵐電に乗り継いで、嵐山を目指しました。
嵐電って路面電車だったんだ~と喜んで(学生時代の旅行ではわかってたぽいのに)一番前で眺めていました。Img_20221027_121151_400
乗った車両は姉妹提携の「江ノ電号」でした。
Img_20221027_121915_400
嵐山に着いたらすごい人! 京都に来て初めての大混雑! チンタラ歩いている人が邪魔でしょうがない(^^;;
でもレストランは12時半でもすぐに入れて食べられたのでよかったです。豆腐そばのセットや湯豆腐を食べました。
Img_20221027_123741_400
テレビでよく見る渡月橋、初めて来ました。
現地に行って夫が思い出したのだけど、そういえば『科捜研の女』のジョークニュースの回でこれを跳ね橋にするって話がありました。
Img_20221027_133352_400
渡月橋を渡った先にある法輪寺のこの長い石段は、数々のサスペンスドラマで突き落とし事件の現場になっているところらしいです(^^;;。さらには、『科捜研』のジョークニュースの回ではこれをエスカレーターにするという話がありました。たしかにこの高さではエスカレーターになったら助かる…。
Img_20221027_132114_400
石段を上った先の本堂横の舞台から渡月橋が見下ろせます。ここは人が少なくて穴場かも。
Img_20221027_131653_400
石段の途中には電気・電子関係の神様の電電宮が、石段下にはエジソンとヘルツの肖像が飾られた電電塔がありました。
Img_20221027_132134_400
天龍寺の庭園を拝観しました。外の道ほどは混んでなくてまあまあ。そこから北門へ出て…
Img_20221027_134520_400
野宮神社に行きました。さだまさしの歌『春告鳥』はここが舞台だとライナーノーツに書いてありました。
    ♪化野の古宮の嵯峨竹の
      ふりしきる葉漏れ日にきらめいて♪
(ここは正しくは嵯峨野で化野はもう少し向こうだけどお許しを、との注釈がありました。)
Img_20221027_135918_400
苔の庭がきれいです。
Img_20221027_135742_400
そして竹林の道。「ふりしきる葉漏れ日」と歌われる様子がわかりますね。
ここはドラマにもよく出てくる場所で、夫もぜひ行きたいと言っていたのです。最近では『遺留捜査』で見ました。
Img_20221027_140403_400
嵐山の駅前でソフトクリームを食べてから、嵐電を乗り継いで等持院へ。
Img_20221027_151826_400
ここは学生時代の旅行で来て、大きな侘助椿の木があったので喜んだ場所でした。だけど当時の旅ノートを読む限り、ここがまさに『春告鳥』の舞台の寺だとはわかっていなかったみたい。ライナーノーツに書いてあるのに、旅行前に読み返してなかったのかな。なのでその寺だと知った上で椿の季節ではないけど改めて行くことにした次第。
これが当時の写真で、「有楽椿(侘助)」という看板が出ていました。四百年前からの大木とのこと。
Img_20221028_0001_400
    ♪衣笠の古寺の侘助の
      たおやかに散りぬるも陽に映えて
      その人の前髪僅かにかすめながら
      水面へと身を投げる♪
Img_20221027_152255_400
この由緒ありそうな木がもしかして侘助椿? でも看板はなかったです。
Img_20221027_152241_400
    ♪鏡のまどろみのくだかれて
      錦の帯の魚のふためいて
      同心円に広がる紅のまわりで
      さんざめく私の心♪
Img_20221027_152516_400
この庭園でもアオサギが置物のように止まっていました。
Img_20221027_152839_400
庭園をぐるりと回りましたが、看板のある侘助椿はありませんでした。でも椿らしき木はあちこちにあったし、紅葉し始めの庭園は静かでとてもきれいでした。またいつか椿の花の季節に来たいものです。
Img_20221027_152901_400

Img_20221027_153032_400
それから、近くまで来たのだから金閣寺に行くことにしていて、バス通りまで出たらもうもう疲れ果ててしまい、あと十分ちょっとだとは思うけどバスに乗ることにしました。バス停にいた学生さんなどにどのバスか教えてもらって、来たバスで金閣寺道まで乗り、金閣寺に行きました。

ここは修学旅行の小学生、中学生の団体がずらっといたり、外国人観光客もいっぱい! その間をすり抜けて進んで、ちょうど夕日が当たって輝いている金閣を見ました。私は中学の修学旅行の時、金閣寺は選択コースに入っていてそれじゃないのを選んだので、これが初めてでした。
Img_20221027_161307_400
これでこの日の予定は完了! バスと地下鉄を乗り継いでホテルに戻りました。金閣寺道のバス停にはボランティアガイドのおじさんがいて、乗るバスなどわからなければ教えてくれるので助かりましたが、なんか変わった人だったなあ。

夕食は全国旅行支援でもらえるクーポンを使える店を調べておいた中の焼鳥屋さんに行くことにしていたのですが、行ってみたら定休日などではないはずなのにお休みしてました。そこでせっかくクーポンがあるのだから、ちょっと高いから候補から外した焼鳥屋さんに行こうということに。風情ある町家の建物の店です。予約なしで入れるかちょっと心配でしたが何とかなって、1本400円ぐらいする焼鳥をいろいろと食べました。写真は、ねぎみ串と豊年串(つくね+もち米)です。

Img_20221027_185943_250

Img_20221027_195621_400
この旅行のホテルはかなりお得なプランで予約してあったので全国旅行支援の割引の適用の対象にはならず、割引適用になるプランの割引後とほとんど同じだったので、はじめはそのままでいいかなと思ってました。でもクーポンを平日だと3000円分ももらえるのだと気がついて、割引適用になるプランに予約し直したのでした。旅行会社経由の予約はアクセス集中したり行先によっては完売などしていたようでしたが、ホテルの直接予約はスムーズに無事予約できました。おかげさまで、夕食2日分はほぼクーポンで支払うことができました。(しかし1人1泊3000円ってそんなにもらっちゃっていいの?という感じ。)ホテルは地下鉄駅から近く、ロビーには自由に持っていけるアメニティバーがあって、コーヒー紅茶だけでなくカップスープもあるとか、洗顔剤や化粧水、さらには入浴剤もあるなど多種にわたっていて便利でした。

| | コメント (0)

2022年11月 8日 (火)

京都旅行(3)

10月27日(木)

2日目は東へ西へと大移動の日。まずは琵琶湖疏水船に乗りに行きました。
前日に買っておいたパンを朝食に食べて、電車で大津へ。このために大津へ行きやすい地下鉄東西線沿線のホテルを選んだのです。地下鉄から乗り入れた京阪京津線がびわ湖浜大津駅の近くで路面電車のように道路の真ん中を走るのが面白かった~。
前日は暑いくらいだったけど、この日は曇っていて気温は低め、船なのでなおさら冷えるだろうからしっかり着込んで行きました。

9:15発のクルーズの30分以上前に十分余裕をもって行ったのだけど、クルーズのことしか頭になくて琵琶湖の湖畔に行って広い湖面を見渡そうとは思いつかず、三井寺駅からまっすぐに集合場所に向かいました。大津閘門は現在工事中で、そのため集合場所への行き方が変更になっていると事前にお知らせがあったのですが、船が停泊しているのにつられてそちらの方へ行ってしまってから戻るはめになりました。

乗船前の説明の時にこの工事について話があり、これまで手動だった閘門の開閉を自動にするための工事だということでした。自動になったら、大津港からこの閘門を通って琵琶湖疏水に入るクルーズにしたいということなので、数年後そうなるのがまた楽しみになりました。

Img_20221027_083304_400

Img_20221027_093127_400
船が停泊しているところ。紅葉もきれいです。
Img_20221027_083610_400

乗る便は午前の3便目で、予約開始日早々に予約しようとした時点ではじめの2便が満席で、途中山科での乗降ありの3便目は空いていたのでそれにしたのでした。紅葉前の平日なのになぜ満席? 団体でしょうか。しかも翌週11月3日(祝)には空きがあったので驚きでした。

集合してまずビデオを見て説明を聞きました。府知事の北垣国道さんはもちろん、技師の田邉朔郎さん頑張ったんですね~。ちょっと親近感。それから「琵琶湖疏水は職場」と言ってるという船越英一郎さんが琵琶湖疏水の宣伝役となってポスターや対談などやってるという話もありました。航行中も船越さんが乗船した時の話や、ゴスペラーズがNHKの番組でトンネル内での音の響き方を調査した話などを聞きました。

そして工事のため仮設の通路から船に行って乗船し、出発しました。まずすぐに第一トンネルに入ります。トンネルの上の扁額は伊藤博文のものです。
Img_20221027_094345_400
2km以上ある長いトンネルの途中に、北垣知事の扁額がありました。
Img_20221027_095427_400
第一竪坑から水が落ちてきていました。
Img_20221027_095625-2_400
15分以上かかってやっと出口に来ました。トンネルの中は風がなくて意外に暖かく、出てからの方が風が身に沁みました。Img_20221027_100156_400
第一トンネルの出口と扁額(山県有朋の)を振り返って見たところ。
Img_20221027_100212-2_400
阪神淡路大震災後に作られた、緊急遮断ゲートをくぐりました。
Img_20221027_100309_400
山科の乗下船場で停船。私たち以外の乗客はここで下船して、代わりにグループの人たちなどが乗船しました。
Img_20221027_100725_400
安朱橋。
Img_20221027_101828_400
本圀寺正嫡橋。
Img_20221027_103208_400
第二トンネル。
Img_20221027_103456_400
第三トンネルとその前にある第11号橋(本体は日本初の鉄筋コンクリート橋と言われる)。
Img_20221027_103738_400
第三トンネル。扁額は松方正義。
Img_20221027_103759_400
第三トンネルを出たら旧水道ポンプ室で、ここでクルーズは終わりです。
Img_20221027_104533_400
下船後に振り返って第三トンネルを見ました。扁額は三条実美。
Img_20221027_104844_400
ずっとトンネルを通ってきた第二疏水が外に出て、またトンネルに入っていくところ。アオサギが柱の横に置物のように止まっていて、その後キセキレイも来ました。この旅ではアオサギ、コサギ、カモ、セキレイ類を何度も見ました。
Img_20221027_105324_400
解散してから蹴上の船溜まりを振り返って見ました。
Img_20221027_110029_400
その先には、インクラインに船を進める様子が再現されていました。
Img_20221027_110037_400
そのままインクラインを歩いて下っていきました。色づいた木々がきれいです。
Img_20221027_110542_400
前日にくぐったねじりまんぼの上を通りました。
Img_20221027_110752_400
インクラインの最後のあたり。実はここも最近再放送で見た『科捜研の女』に出てきたのでした。干物が重要な証拠となる話(そんなこと言っても誰もわからないだろうけど)。レールみたいなのがあるの何だろうって思って気がつきました。
Img_20221027_111617_400
南禅寺船溜まり。
Img_20221027_112054_400
そして蹴上発電所。
Img_20221027_112721_400
2日間にわたり、このエリアをたっぷり楽しんだので、地下鉄に乗って一路西を目指しました。

| | コメント (0)

2022年11月 7日 (月)

京都旅行(2)

また地下鉄に乗って、蹴上駅に行きました。
ねじりまんぼをくぐりました。螺旋状にレンガが積まれた不思議なトンネル。

Img_20221026_141019_400

くぐっていった先の南禅寺で、本命の水路閣に行きました!
私は大学卒業の春休みの旅行で来たことがあるので何十年ぶりかですが、重厚で立派でかっこいいですね。数々のサスペンスドラマで犯人を追い詰めてきた場所(^^)。夫は夢がかなって大喜びでした。上に行ったりもして堪能しました。

Img_20221026_142231_400

学生時代の旅行の時に上れなかった三門に、今回は上りました。

Img_20221026_143407_400

「絶景かな絶景かな!」本当に絶景でした。

Img_20221026_143913_400

近くの永観堂が紅葉の名所だというので、予定してなかったけど入りました。紅葉の盛りの大混雑に備えて拝観受付の仮設テントなど準備しているのを見ながら、混雑なしでゆっくりと見て回りました。
紅葉は一部だけですが、緑とコントラストになっているのがきれいです。本尊は「みかえり阿弥陀」といって、後ろを振り返って皆がついてきているか確かめている姿の仏像です。水琴窟を楽しめたのも、混んでないからこそ。

Img_20221026_151107_400

Img_20221026_152218_400

Img_20221026_152302_400

Img_20221026_152454_400

思いがけず紅葉の名所を楽しめてよかったです。
そこから哲学の道を歩きに行きました。川沿いの道のはずなのにどうして坂を上っていくの?と思ったら、ここも琵琶湖疏水なんですね。ここも少しの紅葉がきれいです。

Img_20221026_153703_400
半分ぐらいまで歩いてだいぶ疲れたので、バス通りに出たらちょうどバスが来たので乗って、銀閣寺道まで行きました。銀閣寺は中学の修学旅行で行ってて今回は行かないですが、もっと先にもうひとつの目的地があるのです。白川通りを北へ進んで、着いたのが京都芸術大学。『科捜研の女』で法医学の解剖をする風丘先生のいる「洛北医大」のロケ地です。

Img_20221026_160742_400
ここで16時過ぎで、予定ではこの後鴨川デルタにも行こうかと思ってましたが、行きにくいしすっかり疲れたしそれほどこだわりはない場所だし、ここからバスで地下鉄駅に行く方が楽なのでそうしました。三条京阪でバスを降りた時に、駅伝発祥の地の碑を見つけました。金栗四三が走った東海道の駅伝ですよね。

Img_20221026_163543_400
へろへろに疲れてホテルにチェックイン。バッテリー節約のため歩数計はつけてなかったけど、二万歩ぐらい歩いたんじゃないかな。この私がもう歩きたくないと思ったくらい。
そしてホテルから徒歩数分の店で、おばんざい付きの豆腐湯葉丼の夕食を食べました。

Img_20221026_181835_200Img_20221026_182426_200

| | コメント (0)

京都旅行(1)

10月末に夫と二人での京都旅行、題して「そうだ、京都に行こう。『科捜研の女』の旅」に行ってきました。『科捜研の女』などのロケ地を中心に、琵琶湖疏水船とさだまさしの歌の舞台も加えた旅です。

この旅は、数年前に『科捜研の女』の大ファンで他のサスペンスドラマもよく見ている夫が、「これどこ?行ってみたい」と、ドラマに登場した南禅寺の水路閣を指したのがそもそもの始まりでした。ただその頃はインバウンドの観光客がとても多くて京都は特に宿の確保も現地の交通も大変という話が伝わってきてたので、すぐには実行に移せませんでした。そうしているうちにコロナ禍となって遠くに出かける気にはなれない時期を経て、今年はどうやら行けるかなと思って計画したという次第です。

10月26日(水)

新幹線で崎陽軒のお弁当を食べながら一路京都へ。前日天気が悪くてタイミングよく富士山が雪化粧していてくれました。

Img_20221026_084604-2_400

10時半前に京都に着いて、まずは荷物を持ったまま、「京都府警」こと積水化学の研究所へ。ちょっと失敗だったのは、十条駅から歩いていけばいいと調べておいたけど、地下鉄の十条駅に行ってしまったこと。近鉄の十条駅だったら歩くのが半分ぐらいで済んだようで…。およそ観光客などいない道を、任天堂本社の前を通り、コンビニに寄りながらずいぶん歩いてやっと着きました。

ジャーン! これが京都府警として『科捜研の女』に登場する積水化学研究所です。うん、見覚えのある建物です。(逆方向からのショットは、『京都地検の女』で京都地検として出てくるらしい。)屋上に植え込みがあってそこで毎回ラストにマリコさんと土門さんが語り合うのだけど、さすがに下からは見えないですね…。
Img_20221026_111019_400

大通りに面していたので近くでバス停を見つけたら運よくすぐにバスが来たので乗って京都駅に戻り、地下鉄でホテルに行って荷物を預けて(気温が上がってきたので上着も1枚減らして)身軽になって出かけました。雲がほとんどない晴天で、帽子を持ってこなかったのは失敗だったなあ。

地下鉄の三条京阪駅から鴨川を少し歩いて、二条の飛び石へ。鴨川の河原や飛び石も、登場人物が話をする場所としてよく出てきます。ここの飛び石には千鳥の形のや舟の形のがあります。飛び石の間隔は普通に歩いてまたぐにはちょっと広くて、落ちないか心配しながら渡りました。帰ってから見た放送回では、もうひとつの亀の形の石がある荒神の飛び石のところで容疑者を確保する場面が出てきました。
Img_20221026_123253_400

鴨川の反対岸を戻りました。広い川があって水がきれいで、木々の紅葉も思ってたよりも始まっていて気持ちいい散策でした。納涼床のあるお店が並んでいて、お客さんがいるところもありました(10月末までやっているようです)。『科捜研』でもこういうところで歓迎会か何かやってたことを、夫が思い出しました。納涼床の下を流れる細い川(みそそぎ川)は、このために人工的に作られた川だってブラタモリでやっていたっけなあ。

地下鉄に乗って東山駅へ行き、白川沿いを歩いて一本橋と親水テラスへ。ここもいろいろなドラマに出てくる場所で、一本橋は『相棒スペシャル 特命係西へ』で出てきたらしく、親水テラスは最近『遺留捜査』で出てきました。柳並木の雰囲気がいい川でした。

幅が狭くてちょっと怖い一本橋。この1.5倍ぐらいの幅の橋も少し手前にありました。
Img_20221026_130854_400

ベンチもある親水テラス。向こうに一本橋が見えています。
Img_20221026_131024_400
その近くの喫茶やまもとで昼食。京都の食に関するエッセイ本を読んでて見つけたお店です。親水テラスの近くにいいお店があってよかった。私はふわふわの卵焼きのサンドイッチ、夫は大好きな昔ながらのナポリタン。

Img_20221026_132915_400

この時点で13時半。ここまでは本当にドラマのロケ地ばかり(^^;;

| | コメント (0)

2022年11月 6日 (日)

グレープ50年坂コンサート@神田共立講堂

Screenshot_20221106150950-2_400
グレープ復活コンサート@神田共立講堂に行ってきました!
懐かしの共立講堂。近隣の学校だったので学校行事で何度も使わせてもらったホール。解散コンサートの時には、すぐそこなのに~、私もそのステージに何度も上がったことあるのに~と思いながら家にいたのでした。
この貴重なコンサートに何の奇跡か一次受付で当選して、解散の時に行けなかった共立講堂に今回幸運にも行くことができて感激でした。
観客約800人という超プラチナチケットだったので、無事にちゃんと行けるか最後までドキドキしてしまいました。(京都旅行やロード・オブ・ザ・リングIMAX上映などスペシャルな予定で忙しかったのでなおさら…)

といいながら神保町まで行ったついでに古本市を何年かぶりに覗いてみたり、母校のツタの紅葉を見に行ったりしました。
Img_20221103_134009_400
Img_20221103_141312_400-2
開場時間過ぎてもホール前は長蛇の列。入場に30分ぐらいかかりました。その後グッズ販売も長蛇の列で、しばらく並んでみましたが、開演に間に合わなさそうだったので後にすることにしました。熱心なファンは開場前から並んで早くに入場してグッズを買い、すぐにそのTシャツを着ていてさすがでした。また、NHKラジオでさだまさし特集をちょうど放送していたのを、私は聞き逃し配信があることが確認できたので後で聞くことにしていたのですが、入場行列中にスマホで聞いていた人がいて、しまった、イヤホン持ってきてればそうできたのにと思いました。ただそうしたらバッテリー切れが心配になるから予備バッテリーを持って行かないとならなかったですね。
Img_20221103_140944_400
電子チケットの使用は初めてだったのでスマホや通信のトラブルなどなく入場できるかドキドキでした。やっぱり紙の現物があるほうが安心…
Screenshot_20221103215417-2_400
座席は事前に通知があって、E列だというので5列目とはすごくいい席!と思っていたのに、アルファベットの列名は2階席だったのでした(^^;;  でも前も横も通路のいい席でした。双眼鏡を持っていくべきだった~と思ったけれど、後でアーカイブ配信でしっかり見られたのでよかったです。

<セットリスト>

精霊流し(二人ともギターで)
(お約束のように吉田さんが「この後まだやるの?」と言う。解散コンサート参加者が会場に何人もいた)
紫陽花の詩
雪の朝
(デビューの頃のいろいろな話の後、バンドメンバー登場)
殺風景
(コード間違えた、この頃の歌は短いから予定時間に終わりそう)
交響楽
(精霊流しの詩を作った時のことや、デビューのキャンペーンの話)
蝉時雨
朝刊
(コンサートをやるなら同窓会のようなのではつまらない、アルバムも作ろうと吉田さんが言い出したとのこと。ここで乾杯と記念撮影)
(解散コンサートの時に市川までどうやって帰ったのか覚えてないという話だったけど、パッと思いつく神保町から地下鉄で水道橋→総武線で市川ではないのかなあ)
ゲシュタルト崩壊(新曲)
ほおづき
(深夜放送を始めたことやドラマの話)
天人菊(ガイラルディア)(新曲、ガイラルディア・グレープセンセーションという花がある)
ひとり占い(予定になかった曲、ハモリはさすがに付かなかった)
(カウントダウンの話など)
縁切寺
無縁坂

<アンコール>
精霊流し(今度はバンドと共に、さださんバイオリンで)

<再アンコール>
19才

参加できて本当によかった! 懐かしい歌の数々に、2人の思い出話、新曲も2曲と、たっぷり楽しんだ2時間半でした。
終了後にグッズ販売に行列してTシャツと缶バッジ&ピックを買って、おみやげの猿田彦コーヒーをいただいて会場を出ました。
会場前では飾られてあったお祝いの花が片付けられている途中でした。もっと早く行って入場前に見ればよかったのだけど、いくつかでも見られて幸いでした。
Img_20221103_180430_400
Img_20221103_203358_400
Img_20221103_203323_400
アルバムは早ければ来年2月と言っていたけど、2月15日発売と正式に発表がありました。芸能ニュースでも流れたけど、「ファーストアルバムのタイトルが『わすれもの』だったから今度のは『ものわすれ』にする」という爆笑トークが出ました。

帰ってからNHKラジオの特番を聞いたら、「精霊流しの歌詞をいまだに覚えてない」という話が出てたんですね~(笑)間違えそうになるところがあった後で聞くと(逆だともっと)何ともはや…。他にも精霊流しの詩を作った時の話(吉田さんが詩に意見したのはこれが唯一)など、コンサートでの話とつながっていて両方聞くとより深くわかる感じがしました。あ~、やっぱり先にスマホで聞いておけたらよかったかな~。

また、アーカイブ配信を聞いてコメント書き込みを読んでいたら、コメントを読んでいたら「『あこがれ』を聞きたい」と書いてた人がいて、私と同じ~!と思いました。ないとは思ってたけど。「追伸」はやってもよかったのではとは思うけど、代わりに抜かせる歌はないですね。

そういえば、今にして思えば、人生初のいわゆる聖地巡礼は、無縁坂でした。まだ聖地巡礼という言い方はしてなかった、曲の発表当時のこと。縁切寺も行ったかも(入らなかったかもしれないけど北鎌倉には行ったはず)。

さださんの関係者の方のサイト 
 https://ameblo.jp/matsumotohideo/entry-12772745253.html?frm_src=favoritemail に「46年前の中2の私に伝えに行ってあげたいなと。 「ずっとずっとずっと先に、神田共立講堂に行けるよ」 未来には、思いもよらないプレゼントが待っているんだと、つくづく感じます。」と書かれているのだけど、私も同じことを思いました。

いろいろと懐かしくなって当時買った楽譜集を出してみたり(余白にライナーノーツを書き込んだりギターの練習をしてたもの)、『三年坂』や解散コンサート『伝説の神田共立ライブ』のCD(LPやラジオ録音のカセットを持ってたのを後で買い直したもの)を出してきたので、しばらく余韻に浸ります。
Img_20221106_200845_400

| | コメント (0)

«さだまさし手紙はがき記念展