2019年3月16日 (土)

ダイヤモンド富士と花粉光環

3月9日、ダイヤモンド富士を見にゆとりの森に行ったら、壮大な花粉光環まで見られました。やや左寄りに沈みましたが、初めて見るとても美しい光景でした。

Img_20190309_172735_400

Img_20190309_172744_400

Img_20190309_172835_400

花粉がすごく多い時には太陽の周りに虹のような光が見えると話題になっていたのですが、まさか実際に初めて見るのがこんなに壮大なものになるとは。写真は全体にオレンジ色になっていますが、肉眼では空は青味がかってたし、光環はピンクなどの色で、 もっときれいだったんですよ~。

土曜日だったので見晴台に行けばきっと撮影に来た人がたくさんいたのではないかと思うけど、日が沈む位置との関係と、この後すぐに楽団の練習に行くために戻る都合で、もっと手前で見ました。近くで撮影していた人に思わず「きれいでしたね!」と声をかけました。
練習場所が小学校だったら、校庭から皆で見ることもできたのですが。

翌10日はきっとちょうど山頂に沈んだだろうけど雨で、11日はちょっと右寄り。この日は見晴台に10人ぐらい来ていました。

Img_20190311_172734_1_400

Img_20190311_172941_400

早咲きの桜と細い月も。9日は月が見えないうちに帰ったのでした。

Img_20190311_174030_400

12日に、ふつうの(笑)花粉光環が撮れました。 連日きれいですごいけどつらい~。

Img_20190313_150427_0312_400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月21日 (木)

イギリス旅行記2018:(23)おまけの覚書

買ったおみやげ。
エジンバラのはここに載せたので省略します。

湖水地方。ホーローのマグはランサム関係のイベントなどに持って行く用。
スレートのコースターはゴンドラ号。
Img_20180830_200348_350x263

トールキン展のグッズとBate Collectionのクラリネットの絵ハガキ。
Img_20180830_200724_350x263

その他オックスフォード。ダブルデッカーは車が大好きな孫へのおみやげ(^^)
付せんは「Gone Chopin(=shoppingのつもり)」「Bach(=Backのつもり) Soon」が面白くて買いました。「Chopin Liszt (=shopping list )」というのもありました。
Img_20180830_200834_350x263

食べ物類。ガリバルジーとジンジャービア♪
Img_20180830_201047_350x263

帰ってきてからネットで買ったトールキン展カタログ。
Img_20190124_134422_350x263

スマホの活用。
この旅行を機に携帯電話からスマートフォンに変えたのですが、一番役立ったアプリは、WARIKANでした。その名の通り、割り勘の計算をするものです。予約で日本円で支払った費用は出発前に精算しておいて、行ってからは共通の費用でどちらかがまとめて払ったものを記録していき、なるべく精算額が少なくなるよう様子を見ながらどちらが支払うか調整しました。その結果、最終的にぴったり同額になって、精算の必要なしになりました♪

Pocketにいろんなサイトを入れていったのだけど、結局あまり読まなかったです。(読めばよかったと後悔したものがいくつかありましたが。)でもパソコンで調べておいたサイトをスマホで読めるようにしておくには便利。
MAPSMEは前述したようにちゃんと使いこなせばもっと役立ったのに~。(ただやっぱり紙の地図のほうが私はまだまだ使いやすい。)
GoogleTripsも使いこなしてないけど、とりあえずレストラン探しで役立ちました。情報をダウンロードしておけばいざという時に調べるのに便利。

Wifiルーターを借りて行って2人で使ったら、1日250MBではしょっちゅうオーバーしてました。定額だからお金は余計にはかからないけど、1日の終わりが日本時間の午前0時なので、現地の午後に出歩いているときに何度か容量オーバーで通信速度が遅くなってしまいました。思ったよりずいぶん使ったのですね~。途中で気がついて、夜は宿のWifiを使うようにしたら大丈夫になりました。

スマホで自動検出される現地時間がなぜか東部ヨーロッパ時間になってて(グリニッジ時間と2時間ずれてる)直し方がわからなくて、写真の撮影時間がそれで記録されてしまいました。デジカメは日本時間のままだったので、あとからEXIF編集ソフトで修正して、なんとか正しい順番にしました。GooglePhotoにバックアップしたら、タイムゾーンが勝手にいろいろ変わったりしちゃってもうめちゃくちゃ。まあバックアップだからいいことにします。旅行の途中から写真にGPS情報を入れたら、どこで撮ったものか確認できて便利ですね。

こんな感じで、スマホを便利に使おうとしつつも、まだまだ紙で持ってないと不便だし心配、という状態でした。次の機会にはもっとスマホを使いこなせるようになってるかな~。

これでイギリス旅行記2018を終わります。長々とお付き合いいただき、ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

イギリス旅行記2018:(22)オックスフォードから帰途

8月29日(水)

最終日です。15時すぎの飛行機を取ったので、午前中にオックスフォードをもう少し見て回りました。時間が限られているので、オープン時間の早いところから見るように予定していたのですが、いきなり挫折。9時オープンのボドリアン図書館(本館)をオーディオツアーで見学しようと思ったのですが、これは外から見るだけだとわかり、それならウォーキングツアーの時に説明を聞きながら見たからと取りやめました。内部が見学できるガイドツアーは10時半からなので、時間的に厳しいからあきらめました。(Divinity Schoolだけは単独かオーディオツアーで見学できると後で知りました・・・)

次の予定は9時半オープンの聖メアリ教会ですが、それまでの時間をどうするか。ここで思いついたのが、近くにあるトールキンが住んでいた家を見に行くことです。行けたらいいなあぐらいのつもりで友人からの情報を地図に書いておいたのが役立つことになりました。

21 Merton Street
Img_20180829_111752_350x263

99 Holywell Street
Img_20180829_112615_350x263

数年住んでいただけのところなので、ブループラークがあるわけではないけど、思わぬ事情で見ることができてよかったです。

こうしているうちに9時半になったので、聖メアリ教会の塔に上りました。100段ぐらいの狭いらせん状の石段。重くないリュックだけど受付で一応預けて正解でした。すれ違ったり狭いところを通るのに背負ってなくてよかった。すれ違いも1組だけでよかったです。
上からの街の眺めが素敵。遠くに見える丘陵がホビット庄のように思えます。
Img_20180829_114704_350x263

ラドクリフカメラを見下ろしたり
Img_20180829_114349_263x350

例の日時計もよく見えました。
Img_20180829_114430_350x263

下りてくる途中、時計室でちょうど10時の鐘が鳴るのを見て聞けました。
Img_20180829_114017_350x263

この後自然史博物館に行きました。
Img_20180829_121559_350x263
Img_20180829_122833_263x350_2
Img_20180829_123158_350x263_2

動物や恐竜の骨、化石や鉱物、いろいろな鳥(写真のは大オオハム!)などざっと30分ぐらいで見て回りました。

そしてすぐ向かいのキーブル・カレッジで預けておいたスーツケースを受け取り、バスステーションまで歩いて、11時半のバスでヒースロー空港へ。ロンドンには寄らずに帰るのです。学生の時の旅行でロンドンに合計7泊ぐらいしたけど見足りなくて、旅行ノートに「また来てロンドンにゆっくりいてもっと味わいたい」などと書いていたのに、その後4回イギリスに来たうち2回はラスト1泊のみ、2回はロンドン抜きで、「ロンドンは学生の時結構見て回ったからいいや」なんて思うようになっているのでした(笑)。オックスフォードからヒースローへ当日移動で心配じゃなかった?と友人に聞かれたけど、バスで1時間半だから、自宅から成田へ行くより短いから心配とは思いませんでした。

空港に着いて、前日に買っておいたシナモンロールを食べ、おみやげを少し買いました。
ハリー・ポッター・ショップがあって何かゆるキャラがいました。
Img_20180829_155441_350x263

それからゲートBはどこかと思ったら、トランジットの電車で移動することがわかりました。早めに移動してよかった~。ターミナル5のゲートBとCは要注意ですね。
そして15時45分のブリティッシュエアウェイズの飛行機に無事乗って帰途につきました。
Img_20180829_170756_350x263
Img_20180829_193645_350x263

機内での映画はピーター・ラビットを見ました。ストーリーはともかくとして(笑)、行ったばかりの湖水地方の景色を楽しみました。ディヴィッド・ウェナムが町ネズミの声をやると聞いていたのだけど、出番は少なかった・・・

8月30日(木)

10時50分成田に到着。Wifiルーター返却他いろいろな用事を済ませて、お腹が空いたので出し茶漬けを食べました(ああ、日本の味!)。そして(行きは成田エクスプレスだったけど)リムジンバスで帰りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

イギリス旅行記2018:(21)アッシュモレアン博物館とEvensong

次にアッシュモレアン博物館に行きました。

Img_20180828_172522_350x263

15時半近くから閉館の17時まで、駆け足でしたがいろんな展示を見ました。江戸や明治時代の日本についての展示、 ローマン・オックスフォード、Tさんの目的だった考古学者アーサー・エバンスのクレタ島での発掘などなど。
そういう中で気になったのがスカンジナビアのルーン文字の刻まれた石だったり
Img_20180828_174431_263x350

宝物の展示にからめた(?) この絵だったりしたのでした(^^)
Img_20180828_174740_263x350

この後、 前日に前を通ったWaterstone書店に行って、トールキン本コーナーや、地下の児童書コーナーなどを見ました。Fall of Gondolinがフライングで売っていましたが、重いので購入せず。アラン・リーにサインもらえるのなら買ったかもしれないけど。
そして店の外に出たところで、通りがかった伊藤先生に再びバッタリ遭遇!  一緒に写真を撮りたかったのですが、学生を引率してお急ぎのところだったので撮れませんでした。それにしても店を出たタイミングで、それもトールキン本のディスプレイの前で再度お会いするとは、教授がまた引き合わせてくれたのですねえ。

それからクライストチャーチ・カレッジで18時から行われるEvensong(夕べの礼拝)に行きました。ガイドブックに「聖歌隊の歌を毎夕聞ける」とあり、昼間の見学時にも確認しておいたのでした。歌が聞けるというか、礼拝に参列できるという形なのでした。夏の間はこのカレッジの聖歌隊ではなく、いろいろな聖歌隊が各地から来て歌うようで、この日はイートンの聖歌隊でした。その日の曲などのリストは次のとおり。(その場ではリーフレットがあり、帰ってからカレッジのサイトで確認しました。)Hymnは歌集で楽譜を見てなんとか歌いました。The Twelveの作曲者Waltonは、「王冠」を作曲した人ですね~。

August 2018
TUESDAY 28
18:00
CHORAL EVENSONG
Hymn 501
Howells "Responses"
Psalms 136-138
Rubbra "in A flat"
Walton "The Twelve" (143)
(Sung by participants on the Eton Choral Course)

そしてスーパーでお土産と夕食を買って、宿に戻って食事。Eagle and Childに伊藤先生が行ってるかもしれないとは思ったけど、寄るような時間と体力はありませんでした。
食事はパスタとカップスープ。キッチン付きだったので電子レンジで温めることもできました。
Img_20180828_230340_263x350

シャワーを浴びたり、飛行機のWebチェックインをしたり、荷物をまとめたりで、寝るのが結構遅くなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

イギリス旅行記2018:(20)クライストチャーチカレッジと楽器コレクション

次にクライストチャーチ・カレッジを見学しに行きました。ところが時刻は11時半すぎで、見どころのひとつであるホールに昼食時には入れないことがわかりました。そこでお昼を先に食べることにして、アリスショップに寄ってから、調べておいた店のひとつのテムズ川沿いのFollyに行きました。スコーンとサンドイッチをシェアするつもりだったのが、なぜかケーキも付いた3段重ねのアフタヌーンティーになりました(^^)。

Img_20180828_145634_263x350

遊覧船が出航したり、橋の向こうで女性がパントを操っていたり。
Img_20180828_153120_350x263

ジャムの甘い匂いにハチが寄ってきて困りましたが、それ以外は外で川を眺めながら素敵なランチ(ティー)タイムでした。

クライストチャーチ・カレッジに戻って見学。
料金が10ポンドしますが、観光客でいっぱいです。
キーブルカレッジとはまた違った印象の建物です。
Img_20180828_155704_350x263

大聖堂。
Img_20180828_160115_263x350

大聖堂を見ているうちにホールも開く時間となりました。
ホールに上がる階段が、ハリー・ポッターの映画でホグワーツに新入生を迎え入れるシーンの撮影に使われたということです。
Img_20180828_162919_350x263

ホールはホグワーツのホールのモデルとなったそうです(実際の撮影はスタジオ)。Img_20180828_162134_350x263

素敵なのだけど観光客も多いのでわさわさした感じ。「KEIO Students」用の席があったので研修旅行に来ているのかな。もしここに泊まってたらその人たちと一緒に朝食食べてたわけか~。ここの宿泊は私が予約した2月には予約できる日程がない状態で、後からできるようになったのだけど、たぶんそういう団体の予定が決まってから個人客を募集するってことなんだろうな。(キーブルも部屋の種類など後から増えたようでした。)

このカレッジのすぐ隣に、楽器のコレクションがあるという看板を昼食から戻るときに見つけ、開く時間の2時を過ぎたので行ってみました。Bate Collection(リンク先は音が出ます)といって、入場無料!  建物の横のほうのドアに行って呼び鈴を押して入るのですが、入ってみたら驚くほどの楽器の種類と数!
オーディオガイドを貸してくれて、印のある楽器は(説明ではなくて)実際の演奏が聞けるようになっていました。
Img_20180828_165645_350x263
Img_20180828_165753_350x263

クラリネットもたくさん~。キーがまだあまりついてなかったり、リードを紐で止めていたりした時代のものも多いです。
Img_20180828_165241_350x263

展示されているクラリネットのうちの2本は、この絵に描かれているもの(左から3人目の後ろにある)で、この絵のファミリーから入手したのだと係の人が教えてくれました。
Img_20180828_165509_350x263

バセットホルン(クラリネット属の古い楽器)もありました~!
Img_20180828_165610_263x350

中央のテーブルには演奏していい楽器が並べられていました。
Img_20180828_165131_350x263

J字形の(たぶん)クルムホルンはリコーダーみたいな歌口になっていて、どうやって音を出すのかな~と思って息を入れてみたら、内部にダブルリードが入っていて簡単に音が出ました。うねうねした形のサーペント(セルパン)は、木管楽器的な本体に金管楽器的なマウスピースがついていてちょっと不思議な感じ。ラッパの真似して唇を振動させて吹いてみたら思ったより楽に音が出ました。後ろの緑のチェンバロもちょっと弾いてみたりして、面白かった~。ずっといても飽きないかも。
記念に古いクラリネットの絵ハガキを買いました。
ガイドブックなどには載っていなかったけど、たまたま通りがかってMusical Instrumentsの看板に気がついたおかげで、こんなすごいコレクションを楽しむことができてラッキーでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

イギリス旅行記2018:(19)トールキン展

Img_20180828_115712_263x350

10時になり、いよいよトールキン展です。
入場時間指定の整理券をネット予約しておいたのです。太っ腹なことに入場無料!、整理券発行の手数料が1ポンドかかるだけでした。

展示室入口。もうすぐ入場です♪
Img_20180828_131657_263x350

入場してすぐの通路の壁にモリアの門のプロジェクションマッピング♪
Img_20180828_120953_263x350

展示室は撮影禁止なのでこの後の写真はありませんが、とっても充実した展示でした。細かいものが多くてじっくり読んで見る感じ。いろいろなスケッチや挿絵の原画、地図や構想メモ、手紙や写真などがありました。トールキンは絵を描くにしても構想を練るにしても細部にまでこだわる人だったんだろうなあと思いました。新聞のクロスワードパズルをやりながらそのページに模様を描いたものや、マザルブルの書を実際に焦がしたり汚したりして作ったものもありました。立体地図で旅の仲間のたどったルートが表示されるものもありました。ポーリン・ベインズの絵が入ったポスターマップを見られたのもうれしかったです。

はじめのほうにいろいろな有名人からの手紙がある中に、ランサムからトールキンへの手紙がありました。トールキン展の開催が発表された時点でランサムの手紙も展示されると発表されていて、「へえ~」と思っていたのですが、その後何かの拍子に「伝記に書かれているあの指摘をした手紙なのか!」と気がつきました(『アーサー・ランサムの生涯』37ページを参照)。 ホビットやドワーフを指す言葉としてmanやboyを使っているのはおかしいのではないか、と指摘していて(マニアックですねえ)、トールキンはこの批判を受け入れて修正したそうです。

また、これとはまったく別な展示の箇所で、ホビットの続編を出版社が求めた時のことだと思いますが、Unwin was hoping for a sequel or perhaps even a lucrative series like Swallows & Amazons books. という説明が書いてあったので、思わずメモ書きしてしまいました。(走り書きした自分の字が読みづらくて、間違いがあるかもしれませんが…)

ひととおり見終ってから、タッチパネル式のエルフ語クイズを見つけたのでやってみました。単語の意味などを4択で答えるものなのですが、もう結構忘れていて間違えてばかりで、思わず「これじゃ伊藤先生に顔向けできない~」と言ってしまいました。(伊藤先生は映画「ロード・オブ・ザ・リング」のエルフ語監修を担当した方で、エルフ語や北欧神話の講座でお世話になりました。)

その時、「それは何ですか?」と日本語で聞いてきた男性がいました。「エルフ語のクイズなんですけど…」と説明しながらその人を見たら、あれ?見覚えがある…え?もしかして伊藤先生?!  まさか、先生の名前を出した途端に本当にここに現れるなんて!  モノマネ番組で後ろから本物が登場するみたいな、あるいはドッキリカメラのような、ビックリなできごとでした。以前講座でお会いしていた時よりも日焼けして精悍な感じになっていました。大学生を連れてこの日に来たばかりだそうです。いやあ、もう本当にびっくり。同じ展示会場にいても気がつかずに行き違いになることもありそうなのに、「伊藤先生」と言ったのが聞こえたのもあるのだと思いますが、奇跡のような遭遇でした。トールキン教授の思し召しとしか思えません。この旅最大の印象的なできごととなりました。

その後私たちは展示を見終ってショップに行き、グッズを買いました。カタログはものすごく豪華で百科事典並みのサイズなので、持って帰るのは無理だから買うにしてもネット購入にすることにしました。小さいほうのカタログはこの時なかったのか、気がつかなかったので、これも後でネット購入しました。

Img_20190124_134422_350x263

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

イギリス旅行記2018:(18)キーブル・カレッジのホール

8月28日(火)

翌朝、カレッジの素晴らしいホールで朝食。このカレッジを選んだのはこれがかなり大きな要因でした。

Img_20180828_094756_350x263

Img_20180828_094952_350x263

Img_20180828_103258_350x263

歴代の学長の肖像画やステンドグラスのある、とても趣のあるホールでした。

食べたのはこんな感じ。自由に選んでよそってもらうようになってました。食器にはカレッジの紋章がついていました。
Img_20180828_101010_350x263

もちろんこの前にシリアルやフルーツも食べてます(^^)。
翌日は卵をスクランブルにしたり、ビーンズはなしにしてトマトにしたり、テーブルにマーマイトがあったのでトーストに塗ってみたりしました。

ホールの向かいは図書室でした。入れないのでガラス越しに覗きました。
Img_20180828_103533_350x263

ホール入口はこんな感じ。左がホール、右が図書室。
Img_20180829_093834_350x263

トールキン展は10時からですが、9時過ぎに出かけて、すぐ隣のBlackwellsの書店やミュージックショップが開いていたのでおみやげなどを買いました。書店にはこの後にも入ってあれこれ見たのに、地下は知らなくて行かなかったので、ものすごく広いとか稀覯本コーナーがあるとか後で知ったのが悔しいです~。(トールキン展に行った人のレポートをさらっとだけ読んで後は現地で見てからじっくり確認しようと思っていてブックマークしておいてすっかり忘れて帰ってきたのでした。)
Img_20180828_114729_350x263

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

イギリス旅行記2018:(17)Eagle and Child

夕食はトールキンやC.S.ルイスがたまり場にしていたパブ、Eagle and Childで食べました。
Img_20180827_195419_263x350_6

奥行きのある細長いパブで、奥のほうの席に座りました。
エールは店員さんにお勧めを聞いて、写真左側のOxford Goldを飲みましたが、右側のがSt. Austel製なのも気になりました。
Img_20180827_200316_350x263_2

食べたのはサラダとコテージパイ(じゃがいもじゃなくて豆とスイートポテトとニンジンのでした)。その後サイダーも飲みました♪
Img_20180827_202108_263x350_2

一番奥の部屋に、さっき見た街灯のある道の絵が飾ってありました。
Img_20180827_200800_263x350_2

この絵の説明を今読むと、ちょっとピンボケで読みにくいのですが、ある雪の日にルイスがパブからカレッジに戻る途中、この小道で街灯、雪、金色のフォーンを見て、すぐにパブに戻ってナルニアの導入部分を書き、その後Eagle and Childでインクリングスの仲間に読んで聞かせたということが、真実か伝説かわからないか言われていると書いてあります。(ライオンのことは書いてないですね。)

パブの中にはルイスの言葉とか写真とか、記念プレートなどいろいろありました。
Img_20180827_210227_350x263

Img_20180827_200010_350x263

Img_20180827_204024_350x263

Img_20180827_210322_350x263

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

イギリス旅行記2018:(16)ウォーキングツアー

オックスフォードは初めてなので、ウォーキングツアーに参加しました。
トリニティーカレッジ前で申し込んだのですが、受付をしてた男性が日本のコミック好きだそうで、好きな作品をいくつか言ってたのだけど知らない作品だった・・・(一番好きと言っていたのはこの前ドラマ化された『今日から俺は』だったようです。)

16時になってツアーがスタート。受付とは別の男性がガイドです。まずトリニティーカレッジの説明で、学生と住民が対立したことがあったという話がありました。そこから歩き始めました。

シェルドニアン・シアター
Img_20180827_181611_350x263

ダブルデッカーの2階がオープンなのが寒くないところへ来たって実感する(笑)
Img_20180827_181831_350x263

嘆きの橋
Img_20180827_182005_350x263

ニューカレッジに入って見学します。
Img_20180827_182349_263x350

語るガイドさん。この庭がハリー・ポッターのロケで使われたという話だったかも(聞いたことは忘れてたけど今調べたらそうらしいので)。
Img_20180827_182541_263x350

ニューカレッジのチャペルの中。
Img_20180827_183144_350x263

ニューカレッジのホール。
Img_20180827_184049_350x263

ボドリアン図書館
Img_20180827_190432_263x350

ラドクリフカメラ
Img_20180827_190721_263x350

聖メアリー教会。塔に人が上っているのが見えました。
Img_20180827_191031_263x350

オールソウルズカレッジ。さっきまでクイーンズカレッジだと思い込んでました。
門からではぎりぎりに見えてた日時計(クリストファー・レンの設計)が、離れたところに来たらよく見えました(丸屋根の左方)。
Img_20180827_191545_350x263

聖メアリー教会の横の道に街灯があって・・・
Img_20180827_192040_263x350

ライオン(扉の中央)とフォーン(両脇の金色の)もあって、C.S.ルイスはこの道でナルニアのシーンを思いついたのだとか。でもこれ本当にライオン? Green Manのようにも見えるし。なんかマユツバっぽい話だなあ。
Img_20180827_192123_350x263

ここで約1時間半のツアーは終わり。自分で歩くだけでは気がつかないものもいろいろ見られて面白かったです。歴史ある建物がそこらじゅうにあって素敵な街だなあ。

その後ぶらぶらお店など見ながら歩いていたら、大きな書店にこんなディスプレイが!  このWaterstone書店では数日後にThe Fall of Gondolin出版記念でアラン・リーのサイン会があるのです。この日にはイギリス北部でサイン会やってたはず。ちょっとスケジュールがずれてました・・・
Img_20180827_194506_350x263

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

イギリス旅行記2018:(15)オックスフォードへ

8月27日(月)

この日はオックスフォードへ移動します。朝食は、スモークサーモン&スクランブルエッグを選びました。毎回朝食のことから書き始めて写真を載せるからTwitterにはその写真ばかり載ってしまいますね(笑)。スモークサーモン&スクランブルは前にホーニングのB&Bで食べて気に入って、家でも作ったりする好きなメニューです。
Img_20180827_103512_350x263

チェックアウトして、予約しておいてもらったタクシーでウィンダミア駅へ。
線路がここから始まる/ここで終わる駅って特別な感じがします。
P8270651_350x263

9時34分発の列車に乗りました。
行きには写真を撮る余裕がなかったオクセンホルム駅はこんなふう。
Img_20180827_115658_350x263

Prestonで乗り換え。ここは30分ぐらい待ち時間があって、飲み物を買ったりしました。
Img_20180827_130153_350x263

さらにWolverhamptonで乗り換え。混んでたけど座席指定しておいたのでよかった。車内で昼食に、前日にスーパーで買っておいたデニッシュを食べました。

14時20分過ぎにオックスフォードに到着。タクシーでキーブル・カレッジに行ってチェックインしました。学生寮に宿泊するのです♪
キーブル・カレッジは赤いレンガの素敵な建物です。
Img_20180827_212052_350x263

私たちが泊まったのは新しい建物だったけど。手配した時には古い建物の部屋は空いてなかったんですよね・・・。
Img_20180827_212322_350x263

ツインセットという、シングル2部屋とトイレ/シャワー、さらに(予想外の)キッチンがセットになっている部屋で、古い建物のふつうのツインの部屋よりたしか安かったんだから満足でしたが。エレベーターがあるのも新しい建物ならでは。
部屋は結構広くて、最上階だったので天窓もありました。カレッジのマーク入りのシャンプーセットもありました。
Img_20180827_170322_350x263

荷物を置いて、街の観光に出かけました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«イギリス旅行記2018:(14)バスツアー